資産形成

資産形成とは〜資産形成の意味〜

2015年2月1日

186views

,

02月01日

186views

,

 

 

将来の自分と家族を養っていく資産形成する(つくる)こと

資産形成というと四字熟語だしすごく難しい話でしょといった声が聞こえてきそうですが、まず言葉の定義をはっきりさせてみればどうということはない、上記のたったこれだけのことなんですね。

要は”将来の備えを早いうちからしっかりしましょうよ!”という話です。

若い世代のみなさんにとって厳しい時代になってきました。

国の財政問題が深刻化する中で、少子高齢化が進み、現在の年金制度を維持することが難しくなってきています。

それによって将来の生活が危ぶまれる事態にまでなってしまいました。

それどころか終身雇用や年功序列といった旧来の雇用制度が崩れ非正規雇用が増大していくことで所得が増えづらいまたは減っていっています。

その一方で増税や物価の上昇により支出が増え現金の価値が目減りしていくといった状況です。

これでは現在の生活ですら安心とはいえないでしょう。

こうした中多くの方が今現在や将来に対する不安を抱えながら日々の生活を送っています。

みなさんは現在や将来見込まれる収入の総額がどのくらいになるかイメージできていますか?

現在や将来自分や自分のご家族が生涯豊かな暮らしを送るのに必要な資金はどのくらいの額かご存知ですか?

これらを把握した上で将来の備えとして計画的に資金を貯めることができていますか?

この3つの問いかけに対してすべて既にできているという方は今すぐにこのページを閉じていただいて構いません。

あなたにはこれからお話することは必要ないでしょう。

既にできているわけですから。

ただ十分ではないなと感じたらこの先もおつき合いください。

どれか一つでもできていない、とくに全くできていないと思われた方はぜひこの先をお読みください。

イソップ童話の『アリとキリギリス』はご存知の方も多いと思います。

夏の間、アリはせっせと冬の食料を蓄えるために働き続け、キリギリスはバイオリンを弾き歌って過ごします。

やがて冬が来てキリギリスは食べ物を探しても見つからなくてアリに助けを乞いますが拒否されて餓死してしまうというちょっと怖い話です。

資産形成=将来の備えをするということはこの童話のアリになるようなものです。

ただ誤解していただきたくないのはみなさんがアリのようになるということを決めたからといって助けを求めに来たキリギリスを見捨てるようなひどい仕打ちはしないでくださいね。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!