金融の基礎

3つの経済主体 家計・企業・政府

2015年2月26日

962views

, , , , , ,

 

 

ここからは経済活動を行う主役たちをご紹介しましょう。

この経済活動を行う主役たち経済主体といいますが、これは家計・企業・政府の3つに分類することができます。

 

家計とは消費者、つまりみなさんやご家族のこと、企業生産・販売活動を行う者政府財政活動を行う者のことです。

これら一つ一つについては聞き馴染みがあってそれほど説明は必要ないかもしれません。

それではこれら3つの経済主体の関係性はどのようになっているのでしょうか?

以下の図をご覧ください。

 

スクリーンショット 2015-02-25 15.27.38

出典: manapedia

 

上のように図にするとわかりやすいと思います。

家計-企業間では、企業が家計に対して商品・サービスを提供する代わりに、家計が企業に代金・料金を支払うという関係になっています。

これが家計-政府間、企業-政府間では、政府が家計や企業に対して公共サービスを提供する一方で、(国民の義務としてでありますが)家計や企業が政府に税金を納めるという関係になっています。

それでは現実の経済社会で、この3つの経済主体が上の図のような関係で代金・料金や税金といったお金と商品・サービスや公共サービスといったモノ・サービスを取引するだけでお金の流れがスムーズに回っているでしょうか?

答えはNoです。

なぜなら上図の仕組みでお金が十分に回るのであれば、話が元に戻りますが、お金が余っているところからお金が不足しているところへ資金を融通するという金融なんて必要なくなってしまいますよね。

金は天下の回りものなんていいますが、自然と回っているものではなく、金融という仕組みがあればこそです。

ではこの3つの経済主体のお金の流れをスムーズにするための金融とはどういう仕組みなのでしょうか?

ここで登場してくるのが銀行をはじめとした金融機関です。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!