金融の基礎

金融市場とは〜短期金融市場と長期金融市場〜

 

 

市場とは狭義の意味と広義の意味でそれぞれ以下のとおりになります。

 

狭義の市場の意味・・・専門業者の仲介で不特定多数の者が取引を行う場のこと

広義の市場の意味・・・狭義の市場と売り手一人と買い手一人の相対(あいたい)取引の場、さらに証券取引所のような特定の場所で行われない取引、銀行の店頭で行う預金取引、電話回線を通して行われる取引を加えたもののこと

 

広義の市場の意味は幅が広い上に曖昧でわかりづらいと感じるでしょうが、そもそも広く捉えると「市場」という言葉は曖昧に使われているということを理解してください。

ここではそんなものだというくらいで結構です。

上記で市場の意味を一応理解していただいたところで、ここからお話したいのは金融市場という金融機関を主な取引参加者としてお金の貸し借りを行う場についてです。

この金融市場は取引の長短によって2つに大きく分けることができます。

期間1年未満の金融取引が行われる市場短期金融市場期間1年以上の金融取引が行われる市場長期金融市場といいます。

 

短期金融市場

この短期金融市場はみなさんが直接関わることはほとんどない市場ですので、ざっくりとだけお話します。

短期金融市場は大別すると、取引参加者が金融機関に限定されるインターバンク市場と一般の事業法人(通常は会社のこと)が自由に取引に参加できるオープン市場の2つに分けることができます。

ここから深入りするとさらに細分化されて・・・となりますのでここまでにします。

ただ一つだけ覚えておいていただきたいのは、この短期金融市場のインターバンク市場で取引されている無担保コール翌日物金利日本銀行が金融政策において現在、政策金利としているものだということです。

ちなみにこの無担保コール翌日物金利とは無担保で借りて約定(契約が成立)した際の金利を指します。

 

長期金融市場

長期金融市場は資本市場とも呼ばれます。

この長期金融市場の代表格といえるのが証券市場です。

ようやく少し聞いたことのあるところにきたかもしれませんね。証券市場とは有価証券の売買を行う市場のことです。

この証券市場は株式市場公社債市場の2つに大別することができます。

 

株式市場 ・・・企業が発行する株式を取引する市場

公社債市場・・・国債や社債等の債券を取引する市場

 

ここでお伝えしたいのはこの株式や公社債は、みなさん自身、証券会社を通じて売買することが可能であるということです。

そしてこの株式や公社債の取引は直接金融に属します。

この資産形成を行う上で直接金融による金融機関が取り扱う金融商品、つまり株式や公社債は検討する必要があるものです。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!