子育て(教育)のための資産形成

学資保険が子育て費用(教育資金)の貯金のために有効?

 

 

一般的に必要な金額と目安を理解していただけたら、その次の段階として「どのような手段で貯金をしていくか」についてお話していきましょう。

ご自宅の金庫にお金を毎月入れ続けるならば金利は全くつきませんし、いくら金利がつくとはいっても銀行預金ではお金が増えることはほとんど期待できません。

こういう風に聞くとすぐさま「銀行預金よりも金利が良い学資保険がおすすめです!」と言ってくる保険屋さんが目に浮かんできてしまいますね。

学資保険は良い保険です。

しかし、「銀行預金よりも金利が良いから学資保険に加入する」という考え方は間違っていると思います。

そもそも、学資保険に入る最大のメリットはお金を増やすことにあるのでしょうか?

それは違います。

お金を増やす手段は他にもたくさんあります。

ですから、「銀行預金より」のように「◯◯よりも増えるから学資保険」という考え方で学資保険に加入してしまうと間違ったことになりやすいのです。

ここで断言してしまいますが学資保険には金利がつかなくても良いのです。

学資保険の最大の魅力は一家の大黒柱(最大収入源の人)の生死に関わらず、お子さんが大学に行けるようにすることです。

現代の日本では女性の活躍が素晴らしく、お父さんが一家の大黒柱に当たらないケースも増えてきていますが、この後の解説がしづらいのでお父さんが大黒柱という仮設定にて読み進めていってください。

先進国の多くに当てはまる実例として、大学進学率ないしは高学歴とされる大学に通うお子さんをお持ちの親御さんの年収は、多くの場合その国の平均年収よりも高いというデータがあります。

私たちはこの現状を良いと思っているわけではありませんのであしからず。

このデータが表していることは高等教育を受けるためにはお金がかかるということです。

これは裏を返せばお金がないという理由で多くの子供達が夢や目標をあきらめているということです。

一般的にはお父さんの死によって経済的なダメージを受けるご家庭が多いのでお父さんの生死に関わらずお子さんが大学に行けるようにすることはお子さんの可能性に蓋をしないためにも必要なことなのです。

仮にお子さんのために17年間毎月2万円を銀行預金で貯金しようというプランを立てたとします。

その5年後、銀行預金に120万円が貯まった時にお父さんが亡くなってしまうと、必要金額450万円と120万円との差額330万円をお母さんが仕事をして家賃、生活費等(子供の人数分の生活費)を稼ぎながらお父さんの代わりに貯めていくしかなくなってしまいます。

これは想像以上に大変なことです。

お子さん一人あたり目安月2万円ならば、2人のお子様がいれば月4万円です。

産休育休を経て仕事に復帰されたお母さんが一人で全部を背負い込んで貯蓄していくにはとても重い金額だと思います。

ここまでをしっかりご理解いただければお子さんの教育資金(子育て費用)のための貯金として有効なのは学資保険であるということがわかるはずです。

「お父さんが元気にしっかりと17年間働けば450万円が貯蓄できている状態」と「お父さんに万一のことがあっても450万円を保険会社から受け取ることができる状態」の双方を同時に叶えるのは貯蓄型の生命保険が一番でしょう。

ですから学資保険には金利なんてつかなくても良いのです。

むしろお金が全く増えなくても学資保険には大きな魅力があるのです。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!