株式投資の基礎

株式の時価総額とは?〜時価総額の計算方法〜

 

 

株価の単純比較は意味がない!?

「A社の株とB社の株って株価はA社が630円でB社が850円だから今はB社のほう会社の規模が大きいんだね!」

これは大きな勘違いです。

実際はA社のほうが断然大きな会社だったりします。

たとえば両者の決算見通しが、A社が売上約1兆8000億円、B社が6200億円だったらどうでしょう。

この場合、A社はB社の実に3倍もの売上を確保する見込みですから、A社のほうが大きい規模と考えられます。

このように会社の規模は一般的に売上でみます。

それでは会社の業績や将来の成長への期待企業価値といいますが、ここで少し知識のある人が「企業価値を株価で比較すればいいんだよ」と言ったとします。

これは正しいでしょうか?

答えは「NO!」です。

実は見た目の株価の単純比較にはあまり意味がないのです。

 

株式の時価総額とは?〜時価総額の計算方法〜

それではこの企業価値は何で比較すればいいのでしょうか?

企業価値は時価総額で比較します。

注:正確を期すと株式の時価総額に負債総額を足し合わせたものが企業価値です。この点からいうと株式の時価総額は株主価値といえます。

時価総額とは発行済株式総数(発行されたすべての株式数)に現在の株価を掛けたものです。

先ほどのA社とB社で考えてみると・・・

発行株式総数がそれぞれA社:38億2256万2千株、B社:17億4937万8千株となっています。

これにそれぞれ先ほどの株価を掛け合わせると、

A社の時価総額:38億2256万2千(株)×630(円)=2兆4082億1406万円

B社の時価総額:17億4937万8千(株)×850(円)=1兆4869億7139万円

となります。会社の規模を表す売上に続いて、企業価値を表す時価総額においてもA社のほうが大きいことがわかります。

時価総額は企業価値を表す一つの指標として重要なものですから、この機会にぜひ理解しておいてくださいね。

 

※ ここで例示したA社とB社は東証(東京証券取引所)の一部に上場しているある会社のある日の株価と発行済株式数を使用しました。もし気になった方がいらしたら、会社四季報等をご覧になって確認してみてください。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!