株式投資の基礎

株式投資の鉄則〜ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析〜

 

 

株式投資で利益を上げるための鉄則は、「株価が安い時に買って、高い時に売る」に尽きます。

単純で当たり前と思われたかもしれませんが、非常に大切ですので、株式投資を検討、実践する際には必ずこれを念頭に置いてください。

※ 応用として「株価が高い時に売って、安い時に買い戻す」というのがありますが、これはまず基礎をしっかり身につけてからの話ですので、また別の機会をつくって説明しますね。

ではこの「株価が安い時に買って、高い時に売る」を実践するために考えなければならないことは何でしょうか?

これは少なくとも2つ考えなければならないことがあります。

それは、「銘柄選択」「売買タイミング」です。

つまり、「どの銘柄を選んで、いつ買っていつ売るか」ということです。

ここまでは比較的わかりやすいかと思います。

それでは、具体的にこの「どの銘柄を選んで、いつ買っていつ売るか」という「銘柄選択」と「売買タイミング」を考えていくために、どのような方法を採れば良いのでしょうか?

実はここからが頭を悩ませるところです。
具体的な方法論に落とし込む段階になると、本当に様々な方法が考えられます。

この方法、「銘柄選択」や「売買タイミング」の分析の仕方は大別すると、これも2つあります。

ファンダメンタルズ分析

テクニカル分析

上記のようになります。
ではそれぞれどのような分析方法になるかといいますと、以下のとおりです。

ファンダメンタルズ分析・・・現在の情報から、将来の株価変動パターンを予測する

テクニカル分析・・・過去の株価変動パターンから、将来の株価変動パターンを予測する

上記2つのそれぞれのもう少し突っ込んだ説明は次の回にしていきます。

ただこれらを説明していく前に一つ注意していただきたいことがあります。

実はこれら2つの分析方法の内、そのどちらかのみを使う方たちを指して、それぞれファンダメンタルズ分析「派」、テクニカル分析「派」などと呼ばれることがあります。

そこでありがちな話ですが、それぞれの「派」が自己の分析手法が有用性が高く、一方の分析手法は有用性が低い、ないしは無用であると主張し、半ば論争が続いているような状況です。

ただ私たちはこの論争は不毛であると考えています。

なぜそう考えるかといいますと、たしかにどちらの分析方法も有用性はあります。
ただ将来の株価変動パターンを予測するという誰にもわからない将来のことを予測するのが目的ですので、どちらの分析手法も完全ということはあり得ないからです。

ですから、ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、どちらの分析方法も学んで、どちらが自分に合った方法であるかを見極めていただきたいと思います。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!