資産形成

為替変動リスクは「投資」で回避しよう!

 

 

海外投資や外貨建ての金融商品に投資する場合、須らく為替変動リスクが伴います。

為替レートは時事刻々と常に変動しているのですから、当然といえば当然ですよね。

ただ、ここではむしろこの為替変動リスクを回避するために「投資」をする必要性があるということを説明していきます。

「え!?どういうこと?」と思われた方も少なくないかもしれませんが、ここから説明していきましょう。

 

外国為替の見方は「生活」と「投資」どちらに着目するかで180°変わる!

「生活」に着目すると「円高嬉しい、円安悲しい」という構図で、「投資」に着目すると「円高悲しい、円安嬉しい」という正反対の構図になります。

ですから、円高に進むのも、円安に進むのも、みなさんにとってどちらもメリット・デメリットあるわけです。

「海外投資や外貨建ての金融商品への投資は為替リスクがあって円高で損をするのが嫌なのでやりたくない」というのも一つの考え方というかスタンスとしてありでしょう。

しかし、今日現在、みなさんがこの日本で日常生活を送るにあたって食料品をはじめとした輸入品にかなりの程度頼っているという事実を思い出してください。

これをしっかり頭に置いた上で考えれば、外国為替を活用した投資を少なくとも検討に入れる必要があるといえるでしょう。

ここで注意していただきたいのは、私たちがお伝えしたいのは、巷間よく喧伝されているような海外投資や外貨建ての金融商品への投資は金利が高いので有利というような短絡的な話ではないということです。

 

「生活」と「投資」の横軸でなく、為替の「円高」と「円安」の縦軸で見てみよう!

それでは、二律背反の関係にあるこの「円高」「円安」をどのように捉えていけば「投資」はうまくいくのでしょうか?

以下の図をご覧ください。

 

スクリーンショット 2015-05-04 15.54.06

 

ここまでにお話してきた為替の「円高」「円安」を「生活」「投資」に分けて、そのメリット・デメリットが一目でわかる図になっています。

しかし、この図を「生活」と「投資」に各々焦点を当てて横に見続ける限り答えは見えてきません。

それでは二律背反をずっと確認し続けるにすぎないからです。

為替の仕組みをうまく活用して「投資」に活かすためには、この図を縦に見ていく必要があります。

ちょうど上の図を以下の2つの図のように見ていきます。

 

スクリーンショット 2015-05-04 15.57.03

 

スクリーンショット 2015-05-04 15.55.42

 

そう、実は単純な話で、図を縦に、「円高」の時は「生活」は楽なので◯、「投資」は損失が出るので×。「円安」の時は「生活」は苦しいので×、「投資」は利益が出るので◯、というように見れば良いのです。

大事なところになりますので、「円高」「円安」各々の局面を詳しく解説していきます。

 

「円高」の局面

「円高」の時って「生活」は楽になっている場面ですよね。

その生活が楽な「円高」の局面で海外投資や外貨建ての金融商品への「投資」で損失が出ていても、「生活」が楽になっている分その痛みは少なくとも軽減されているといえます。

損失が出ているのに痛みが軽減されているというのは言い過ぎに聞こえるかもしれませんが、輸入品の価格が下がって「生活」が相対的に楽になっている局面では、預貯金の取り崩しを抑えて毎月のお給料のみで「生活」しやすいともいえますので、ある程度は問題ないといえるでしょう。

たとえば、1ドル=10円という極端な「円高」になってしまった場合、「投資」上は大きな損失を被るでしょうが、食料品等輸入品の価格もそれに伴って大幅に安く購入できる可能性が高い状況なわけです。

牛丼一杯が50円以下で食べられることになるかもしれません。

 

「円安」の局面

「円安」の時って「生活」は苦しいわけです。

輸入品がほぼすべて値上がりするわけですから生活は×。

極端にいえば、牛丼一杯が2,000円になるかもしれないですし、日本では大きく輸入に依存しているガソリンも大幅に値上がりする可能性が高いわけですから、輸送コストも跳ね上がってしまうかもしれません。

そうなると、輸送コストが跳ね上がった影響で、輸入品以外の国内産の商品やサービスの価格も上昇するおそれがあります。

もし、牛丼一杯が2,000円もしたら、今の月給の価値は大きく目減りしてしまうことになりますよね。

月給20万円で一杯400円の牛丼なら500杯食べることができますが、「円安」の影響で一杯2,000円なんてことになったら20万円の月給では100杯しか食べることができなくなってしまいます。

20万円の価値をこの牛丼で測るとすると、500杯の価値から100杯の価値へ、つまり20万円の価値は1/5に目減りしてしまうということです。

もちろん月給が「円安」になった分だけ上がってくれればそれに越したことはありませんが、時事刻々と変化する為替レートに連動して給料が変わっていく会社なんてほぼ皆無ですよね。

こういった「生活」が苦しいタイミングでご自身で海外投資や外貨建ての金融商品へ「投資」している場合は大きな利益が見込めます。

「生活」が苦しければ苦しいほど、大きく利益が出ている可能性が高いというわけです。

※ ここでのお話は「円高」「円安」に焦点を当てているので、その他の要因は捨象しています。現実にはここまで二律背反することは考えづらいですが、基本的な見方としてご理解ください。

 

「投資」を何もしていない状態こそ為替リスクがあると考えましょう!

「投資」を行う際には、「何をもって損失とするか」をしっかりと理解した上で行う必要があります。

もちろん単純に10万円が8万円に値下がりすれば2万円の損失が出るわけですが、その損失である20%分物価が下がったとすると「投資」のマイナスと「生活」のプラスが相殺されてプラスマイナスゼロと考えることができます。

逆もまた然りで、10万円が12万円に値上がりすれば2万円の利益が出るわけですが、その利益である20%分物価が上がったとすると今度は「投資」のプラスと「生活」のマイナスが相殺されてこれもまたプラスマイナスゼロといえます。

ここで、「どちらに転んでもプラスマイナスゼロなだけじゃない!」と思った方は素晴らしい感覚をお持ちですね!

そもそもですが、海外投資や外貨建ての金融商品へ投資を行っていない「今」、まさに「今」あなたは為替変動リスクに常に晒されているということです。

もちろん別の意味合いでは海外投資や外貨建ての金融商品へ投資することは為替変動リスクを伴います。

ただみなさんの生活全体で考えれば、何もせずに日本で暮らしているだけで為替変動リスクを好むと好まざるとにかかわらず負っているのです。

日本円しか保有していないから、「円高嬉しい、円安悲しい」という状態なわけです。

要はバランスの問題です。

常にバランスを考えて、「円高」だろうが「円安」だろうが、「生活」にリスクが極めて少ない状態、常に「投資」について考え実行し資産形成や資産運用を継続していく状態をできるだけ早いうちから築き上げることができた人が圧倒的に有利となるのはここまでのお話でご理解いただけたでしょう。

「投資」を何もしていない状態でも為替リスクに晒されている。
海外投資や外貨建て金融商品へ「投資」しなくても為替リスクを負っている。

この言葉はぜひ覚えて理解してください。

日本がまったく輸出や輸入といった貿易をしない完全な自給自足の国ならば日本円という自国通貨だけで事足りるでしょう。

ただ今の日本はそうではありませんし、そしてこれから将来の日本においてもそうなることはまずないといって良いでしょう。

そうである以上、海外投資や外貨建ての金融商品への投資は少なくとも検討しておいたほうが良いといえます。

 

外国為替の影響をプラスマイナスゼロにするよう意識し続けるのが最も大事!

ここまでのお話をご理解いただければ、「投資」において安定的に資産を増やしていくための為替の基本的な考え方をマスターしたと考えていただいて良いでしょう。

常に為替の影響が「生活」「投資」を合わせたトータルでプラスマイナスゼロの状態を築き上げるよう意識し続けることが最も大切です。

これを意識して考え実行していけば、「投資」を通じて資産形成や資産運用が行えますし、それが安定的に資産を増やしていくことにつながります。

そして、そうすることによって、海外旅行に行くこと自体は特別なイベントかもしれませんが、海外旅行資金というお金の側面からは何ら特別な問題ではなくなるのです。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!