資産形成

住宅ローンの組み合わせ(ミックス)は得?それとも損?

 

 

住宅ローンの組み合わせ(ミックス) その方法とは?

組み合わせ方については、様々なものが考えられます。

たとえば、「変動金利型」と「固定金利型」の組み合わせ、「固定金利型」と「固定金利期間選択型」の組み合わせ、期間の異なる「固定金利型」の組み合わせなどです。

これらの組み合わせ方を行うためには、1つの住宅ローンの中で組み合わせる方法と2つの住宅ローンを組み合わせる方法、この2つの方法が考えられます。

ただし、後者の場合には事務手数料が2件分掛かります。

 

本当に得になる!?住宅ローンの組み合わせ(ミックス)のメリットとは?

住宅ローンの組み合わせのメリットは、一言でいってしまえば、各々の住宅ローンのメリットを掛け合わせるないしはデメリットを打ち消しあうことができる点にあります。

一つ例にとって説明しましょう。

たとえば、「固定金利期間選択型」の3年固定と「(全期間)固定金利型」を組み合わせたとします。

この場合、当初3年はすべてを「(全期間)固定金利型」にするよりも金利を低く抑えることができます。

また、その一方で、「固定金利期間選択型」の一定期間にあたる3年経過後については、すべてを「固定金利期間選択型」の3年固定をするよりも金利上昇に備えてある程度の安心感を得ることができます。

このように住宅ローンの組み合わせ方によって、得策となる場合があるというのは理解しておいた方が良いでしょう。

ただ、当然の事ながら、各々の住宅ローンの特性をよく理解した上で、それぞれのメリットを掛け合わせるないしはデメリットを打ち消しあうといった相乗効果を生むような組み合わせ方をしなければ意味がありません。

その意味でも、前回までに説明した住宅ローンの金利タイプの基本形である3種類の特徴、メリットとデメリットをしっかり押さえておく必要があります。

 

知らないと損をする!?住宅ローンの組み合わせ(ミックス)のデメリットとは?

住宅ローンを組み合わせるデメリットは、これも一言でいえば、複雑になるということです。

先ほどの説明に連なる話になりますが、住宅ローンを組み合わせるということは、それぞれの金利タイプの特徴、メリットとデメリットを十分理解した上で行わなければなりません。

ですから、組み合わせ方を一歩間違えば、各々の住宅ローンのメリットを打ち消しあったり、あるいはデメリットを掛け合わせてしまう可能性さえあります。

このように、住宅ローンを組み合わせることは、シンプルに組むこととは対極にある複雑なものであり、そのこと自体がデメリットといって差し支えないでしょう。

また、上述しましたが、2つの住宅ローンを組み合わせる方法を採った場合、2件分の事務手数料が掛かりますので、コスト負担が増す可能性があることもデメリットの一つといえます。

 

得か?損か?住宅ローンの組み合わせ(ミックス)

以上のことから、住宅ローンを組み合わせるのが得策となる場合はたしかにあります。

ただ、そもそも組み合わせること自体が取引を複雑にするという大きなデメリットを抱えている以上、安易に行うと思いがけない損失を被る可能性があることに十分注意する必要があります。

まずは、住宅ローンの金利タイプの基本形である「変動金利型」「固定金利型」「固定金利期間選択型」の3種類についてしっかり理解することが何よりも大切です。

この基本形3種類、どれか一つに選択する可能性を探った上で、それでもなお有利な方法を模索する必要性がある場合にかぎって組み合わせることを考えても遅くはありません。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!