資産形成

住宅ローン返済中の死亡・・・その時連帯保証人はどうなる?

 

 

住宅ローン返済中の夫の死亡・・・その時連帯保証人の妻はどうすれば?

スクリーンショット 2015-07-25 17.24.10

 

まず、住宅ローンの主たる債務者である夫が死亡してしまった場合、連帯保証人となっている妻の支払い義務は消えません。

この支払い義務が自動的に消えるわけではないということはしっかりと念頭に置いてください。

ただ実際には、住宅ローンを組む時に主たる債務者が団体信用生命保険に加入していることが多いですから、その場合ローン残高は保険金によって充当されますので問題ありません。

それでは仮に団体信用生命保険に加入せずに住宅ローンを組んでいたとしたらどうなるでしょうか?

この場合、当然ですがローン残高を保険金で補うことはできませんので、連帯保証人かつ相続人である妻のローン残高の支払い義務が発生してしまいます。

相続人としては、相続人と知った日から3ヶ月以内に「限定承認」ないし「相続放棄」を家庭裁判所に申し出て所定の手続きを行なうことで、ローン残高の支払い義務を免れる方法が存在します。

しかしながら、このケースの場合、主たる債務者である夫が存命している時から妻は連帯保証人になっていますので、連帯保証人としての支払い義務は残ってしまいます。

現実には、貸し手である銀行等の金融機関もこうした事態が起こって住宅ローンの返済が行なわれないのでは困ってしまいますから、あらかじめ住宅ローン審査の際に主たる債務者に団体信用生命保険への加入を強制していることがほとんどであるわけです。

こういった法律関係は難しく感じられるかもしれませんが、住宅ローンを組む際の団体信用生命保険に加入する意義を再確認する意味でも押さえておいた方が良いでしょう。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!