ニュースを読み解く

日本の食料自給率は低くない!?本当の問題は別のところにある?

 

 

「日本は食料自給率が低いので大変だ」という論調で語られることが巷間非常に多いです。しかしそもそも日本の食料自給率ってそこまで低いものなのでしょうか?ここではカロリーベースと生産額ベースの食料自給率についてお話していきながら、日本の食料問題の本質はどこにあるかについて考えていきたいと思います。

 

ロイターの記事によると

食料自給率14年度、5年連続39% コメの需要量減少

Business | 2015年 08月 7日 09:38 JST

[東京 7日 ロイター] – 農林水産省は7日、2014年度の食料自給率(カロリーベース)が5年連続で39%になったと発表した。政府は、食料自給率目標について、25年度に45%を目指すとしている。生産額ベースの自給率は64%と、前年度より1ポイント低下した。

全文を読む

 

【コメント】

そろそろ国際的に認知されていないカロリーベースでの食料自給率を前面に出した政府発表や報道は止めた方が良いのでは?

これで安心ということはないながらも、国際比較可能な生産額ベースの食料自給率は64%。主要先進国中ではドイツやスイスとそれほど遜色なく同水準ですから、突出して低いわけではないですね。

日本の食料問題の本質は、指摘される方も多いですが、食料自給率よりも原油や天然ガス等のエネルギーを輸入に頼らなければならない点にあります。

たとえ地産地消を目指して食料自給率を上げるにしても、現在の農業は機械化が進んでいる状況なわけですから、エネルギーの輸入が滞ってしまえば元も子もありません。

施策を打つに当たって正しい前提条件の下で当たっていただきたいところです。

※ 食料自給率とは・・・国内の食料消費が、国産でどの程度賄えているかを示す指標。熱量で換算するカロリーベースと金額で換算する生産額ベースがあり、世界的に比較されることが多いのは後者の生産額ベースである。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!