ニュースを読み解く

マイナスに転じた日本の実質GDP成長率〜経済成長に暗雲?〜

 

 

2015年8月17日、内閣府が発表した4-6月期の実質GDP成長率は前期比-0.4%、年率換算-1.6%とマイナスに転じました。見方によってはそれ程大きなマイナスではないのでという声も聞かれますが、その一方で将来的な日本の経済成長に影を落とす可能性があるという声もあります。そこで今回はこの4-6月期実質GDP成長率から今後の日本の経済成長について考えていきたいと思います。

 

ロイターの記事によると

GDP4─6月期、消費や外需低迷で3四半期ぶりマイナス

2015年 08月 17日 10:13 JST

[東京 17日 ロイター] – 内閣府が17日発表した2015年4─6月期国民所得統計1次速報によると、実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス0.4%、年率換算でマイナス1.6%だった。消費や輸出といった内外需が大幅に悪化したことが主因。事前の民間予測ほどに悪化しなかったものの、当初プラスが見込まれていた景気の姿は実現せず、増税後1年たってもデフレマインドの払しょくに至っていない姿が浮き彫りとなった。

1─3月期の年率プラス4.5%の高成長に続いて4─6月期も民間調査機関では前月上旬まで2%程度のプラス成長を予測していた。増税後の反動減から1年たって安定的成長を確保するとみられていた。しかしその後の経済指標は弱い結果が相次ぎ、結局蓋を開けてみるとマイナス成長となった。

全文を読む

 

[コメント]

事前の民間予測ほど悪くなかったですが、あくまでも1次速報ですからね。在庫品の調整で2次速報は下方修正される可能性が高いでしょう。

”全体の足を引っ張ったのは民間最終消費と輸出”とのこと。

民間最終消費については昨年(2014年)4月の消費税増税から1年経過していますが、じわじわとボディブローのように効いてきているということでしょう。

また輸出については”中国の景気減速など”が影響しているとありますが、それ以上にリーマンショック以降の長期にわたって輸出関連企業の工場等が海外の現地生産となっていたのがようやくここにきて国内回帰し始めてきたばかりであり、まだ円安メリットを実体経済では十分に享受できる状態でないのが大きいと思います。

ただ公的資本形成のプラス寄与もあり、実質ではマイナスだったものの、名目では±0とのこと。まだ民間の設備投資に期待できる段階にないので、目先は財政拡大による公的資本形成を拡充することが必要不可欠でしょう。

 

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!