ニュースを読み解く

金利上昇は悪影響ばかりではない!?その理由とは?

 

 

超低金利時代が続く日本ですが、ここにきて金利上昇局面となった場合の悪影響についての話が出ることが多くなっています。曰く「金利上昇すると債券価格下落によって銀行をはじめとした国債等の債券を多く保有している金融機関が危ない」と。しかしこれって本当でしょうか?今回は金利上昇は銀行にとってむしろ好影響を及ぼすとの観点からその理由について考えていきたいと思います。

 

NewsPicksの記事によると

金利上昇は銀行にどんな影響を与えるのか
──「金利をめぐる誤解」を解きほぐす

2015/8/18 京都文教大学教授 野﨑浩成

本質的なリスクはどこにあるのか

前回の郵政上場の話の中で、ゆうちょ銀行は金利上昇があれば魅力的になると書きました。これを不思議に思われた方も少なくないと思います。金利上昇→債券価格下落→銀行は債券まみれ→銀行が危ない……これがある程度金融を理解している人たちが直観するところかと思います。

事実、私が銀行アナリストとして市場と格闘していた頃のことですが、2013年4月下旬に国債金利の急騰をきっかけとして、銀行株が下落しました。

このときに国内外の投資家から聞いたのが、一部の非日系証券会社が「金利上昇で日本の銀行の資本は毀損(きそん)して増資を余儀なくされる」という無茶なロジックでの銀行株売りの勧めだったようです。

昔から銀行株になじんでいる投資家は「金利上昇は銀行株買い」という刷り込みがあったのですが、アベノミクス相場で沸いた2013年前半は日本株、ましてや銀行株になじみのないビギナー的投資家も多く、こうした話に惑わされた印象です。

全文を読む

 

[コメント]

金利上昇についてよくまとめられている良記事ですね。

たしかに”金利上昇→債券価格下落→銀行は債券まみれ→銀行が危ない……”というのはよく聞く話ですが、誤解が多いように思います。

記事にもあるように、長期金利にしろ短期金利にしろ上昇局面は基本的に銀行収益にとってはプラス。

”金融危機のときのゼロ金利政策は、銀行救済ではありません。企業救済です”とあるように、現在のゼロ金利政策と異次元緩和を敷いている時はむしろ逆ザヤになりやすいため銀行の預貸業務については収益圧迫になる一方で、企業にとっては支払い金利が低下し負担が減るためプラスに働くと。

裏返すと金利上昇局面は企業にとっては支払い金利が上昇し負担が増えるためマイナスということになるので、現在は時期尚早ですが、今後異次元緩和の出口戦略を日銀が検討する段階ではこの点を踏まえて全体にとって総合的にプラスとなるような経済状態の時にしなければならないということですね。

※ 金利の基礎知識についてはこちら(金利と利子、単利と複利。これを読めば自分で計算できる!)をご参照ください。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!