ニュースを読み解く

豪ドル人気は健在でも為替見通しに強気になれない理由(わけ)とは?

 

 

高金利で為替も強い資源国オーストラリアの通貨・豪ドル。豪ドル建ての債券等の金融商品は以前から日本でも人気を博しています。しかしここにきて為替の見通しに弱気の向きが増えています。たしかに豪ドル円の過去推移をチャートで見ても直近1年間で1割程度下落(円高豪ドル安)。それではこの豪ドルの為替が今後も弱含む理由とはどこにあるのでしょうか?今回はこの点について考えていきたいと思います。

 

ロイターの記事によると

緩和政策引き続き適切、豪ドル安は輸出支援=豪中銀議事要旨

2015年 08月 18日 11:32 JST

[シドニー 18日 ロイター] – 豪準備銀行(RBA)は18日、今月4日開いた理事会の議事要旨を公表した。経済が鉱業投資ブームの終了に向けて調整するなか、政策金利を過去最低水準に据え置くことが適切と判断したことを明らかにした。

豪ドル相場については、豪ドル安は輸出を支援する、との認識を示した。過去の理事会では、豪ドル相場は一段の下落が必要としていた。

全文を読む

 

[コメント]

オーストラリアの対中輸出(金額ベース)は全体の約3割を占めていますので、中国の景気減速による打撃はあきらかに大きいでしょう。

そもそも資源国ですから、今般の原油価格をはじめとした商品相場の下落も大きな痛手。

その中で豪準備銀行(RBA)が”政策金利を過去最低水準に据え置くことが適切と判断した”のは当然ですね。

おそらく今後の状況次第ではより一層金融緩和して豪ドル安への誘導を促す可能性が高いかと思います。

豪ドルの対米ドルレートはちょうど1年前が0.94USD/AUDに対して現在0.74USD/AUDですから、この1年間で2割余り豪ドル安になってますね。

日本では豪ドル建ての金融商品が多く売り出され根強い人気がありますが、この豪ドルの対米ドルレートのトレンドはしばらく変わらないでしょうから、米ドル円がそれを超えて円安ドル高にならない限り、豪ドル円の為替が円高となって投資先としての旨みはしばらく薄いといえそうです。

※ 為替レートは米ドル(USD)を中心としたクロスレートで決定されます。たとえば豪ドル円であれば、豪ドル(AUD)と米ドル(USD)、円(JPN)と米ドル(USD)から計算されます。たとえば0.74USD/AUD、125JPN/USDだったとすると、豪ドル円は92.5JPN/AUD(0.74USD/AUD×125JPN/USD)となるわけです。

※ ※ 豪ドル円の為替チャートはこちら(http://jp.reuters.com)でご確認ください。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!