ニュースを読み解く

中国・上海株も下げ止まった!?来週の日経平均株価の見通しは?

 

 

今週、2015/8/24〜8/28は週初の世界同時株安に始まりまさにジェットコースターのような相場展開でした。ただ週末にかけて震源地の中国・上海の株価も下げ止まりの様相を呈しています。日経平均株価も週末2日間で反転上昇してきていますが、これで底打ちと見て良いのでしょうか?今回は来週の日経平均株価の見通しについて考えていきたいと思います。

 

ロイターの記事によると

日経平均は500円超の大幅続伸、米株高を好感

2015年 08月 28日 15:51 JST

[東京 28日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は大幅に3日続伸。終値は561円高で今年2番目の上げ幅となり、8月21日以来5営業日ぶりに1万9000円の大台を回復した。

4─6月期米GDP改定値の上方修正を好感した前日の米株高を背景に朝方から買いが先行。自動車、電機などの輸出株が上昇したほか、原油相場の上昇を受けて資源関連株への買い戻しが活発化した。

上海総合指数.SSECが底堅く推移したことも投資家心理を改善させた。高値圏での利益確定売りをこなし、指数は終日堅調を持続した。

全文を読む

 

[コメント]

8/28の日経平均株価は19.136.32円 前日比+561.88円 +3.03%、TOPIXは1,549.80ポイント 前日比+49.39ポイント +3.29%。

前日の米国株、当日の中国・上海株の上昇が買い安心感につながったというところでしょう。

8/28の中国・上海総合指数は3,234.60ポイント 前日比+151.01ポイント +4.90%と2日連続の3,000ポイント台で落ち着いてきました。

今週はまさしくジェットコースターのように乱高下する相場でしたが、日経平均株価のザラ場安値が17,714.30円(8/26)。

6/24の年初来高値20,952.71円と比較すると-3,238.41円 -15.46%で、とくに割合でみるとそこまで大きな下落とはなりませんでしたね。

来週は週末の米国雇用統計がありますし、他にも米国で米8月ISM製造業景況指数やベージュブック、欧州でECB定例理事会およびドラギ総裁会見、中国で8月製造業PMI等々と海外の注目指標やイベントが多いので、これの結果にも相場が左右されそうです。

米国の利上げ時期の見極めもありますので方向感に乏しい展開かもしれません。

ひとまず日経平均株価は今週末19,000円台に戻していますが、先ほどの年初来高値と今週のザラ場安値との半値戻しが19,333.50円を超えてくるかどうか注目したいところ。

この水準はちょうど今週窓あけして下落したところなので、ここを窓埋めして上昇すれば、より買い安心感が広がってくるかと思います。

※ 米・雇用統計についてはこちら(米・雇用統計発表!米国の利上げ時期への影響は?)を参照のこと。

※ ※ 米・ISM製造業景況指数とは・・・ISM(Institute for Supply Management:供給管理協会)が発表する製造業における景気転換の先行指標のこと。50が景気動向の良し悪しを測る分岐点。主要経済指標の中で最も早く発表される。また、景気転換の重要先行指標として関心が高い。又、生産、受注、雇用等の副次指標も注目される。

※ ※ ※ ベージュブックとは・・・「地区連銀経済報告」のことで、米国の12地区の連邦準備銀行がまとめた地域の経済状況を報告したもの。年8回、FOMCが開催される2週間前の水曜日に公表される。

※ ※ ※ ※ ECB定例理事会とは・・・ユーロ圏の統一的な金融政策を担う欧州中央銀行(ECB)の最高意思決定機関のこと。総裁・副総裁を含むECB幹部6人とユーロ圏各国の中銀総裁で構成され、原則として月に2回、ドイツのフランクフルトのECB本部で定例会合が行われる。

※ ※ ※ ※ ※ 中国・製造業PMIとは・・・Purchasing Manager’s Indexの略で、日本語では「購買担当者景気指数」と訳される。製造業やサービス業の購買担当者を対象にアンケート調査や聞き取りなどを行い、新規受注・生産高・受注残・価格・雇用・購買数量などの指数に一定のウエイトを掛けて算出する指数のこと。景況感の改善と悪化の分岐点となるのが50で、通常、50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退を示唆する。

※ ※ ※ ※ ※ ※ これまでの日経平均株価見通しについての記事は以下をご参照ください。

1. 株価下落局面は終わった!?今週末の日経平均株価の見通しは? 投稿日:2015/8/27

2. 世界株安ドミノが止まった!?〜今日の日経平均株価の見通しは?〜 投稿日:2015/8/26

3. トヨタ株価急落が決め手!?日経平均株価見通し、今日が底打ち? 投稿日:2015/8/25

4. 過度の日本株悲観論は禁物!?〜日経平均株価の見通しは暗くない?〜 投稿日:2015/8/24

5. 中国発の世界同時株安〜日経平均株価下げ止まりの見通しは?〜 投稿日:2015/8/23

6. 日経平均株価あっさり2万円割れ!来週の見通しは? 投稿日:2015/8/22

7. 2015年後半、これからの日経平均株価の見通しは明るい?暗い? 投稿日:2015/8/17

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 投資初心者向けの株式投資手法の一例はこちら(株式投資初心者におすすめ!銘柄選択と売買タイミングの見極め方【まとめ】)をご参照ください。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!