ニュースを読み解く

新興国の景気減速でもインド経済の見通しに異常なし?

 

 

中国の実体経済の悪化から世界全体、とくに新興国の景気減速が不安視されています。しかし2015/8/31に発表されたインドの4-6月経済成長率は前年比7.0%増。前四半期よりも減速しているものの意外な強さを見せました。ここから2015年後半以降のインド経済の見通しをどのように捉えれば良いでしょうか?インド経済の特徴を踏まえて今回はこの点について考えていきたいと思います。

 

ロイターの記事によると

インド4─6月成長率、7.0%に減速 追加緩和圧力高まる

2015年 08月 31日 23:26 JST

[ニューデリー 31日 ロイター] – インド政府が31日発表した4─6月期の国内総生産(GDP)は前年比7.0%増となり、前四半期の7.5%増から減速した。ロイターがまとめたアナリスト予想は7.4%増だった。

インド経済は中国と同程度の成長率は維持したものの、サービス部門が足かせとなり減速している。

ICICI証券プライマリー・ディーラーシップのエコノミスト、A・プラサナ氏は、「成長をめぐる状況はなおぜい弱で、非常に緩やかな状態でしか上向いていない」と指摘。

全文を読む

 

[コメント]

 

インド準備銀行(中央銀行)は1月以降、レポレートを75ベーシスポイント(bp)引き下げている。前回は据え置きを決定したが、モディ政権内部では、現在7.25%となっている同レートを直ちに最大50bp引き下げる必要があるとの声が出始めている。

 

インドの4-6月の実質GDP成長率は前年比+7.0%。

この結果をどう捉えるかは意見の分かれるところですね。

たしかに前四半期の+7.5%と比較すると減速しているのはたしかですが、米国の利上げ観測や中国の実体経済の悪化を受けて世界全体、とくに新興国の景気減速が顕著になっている中で相対的に見れば7%の経済成長率というのは良い方でしょう。

ただインド政府が出している2015年度の成長率目標8-8.5%からは乖離していますし、また世界全体で景気減速懸念が広がっている以上、インドのように政策金利の下げ余地の大きい国は追加の金融緩和を行う可能性が高いとはいえるかと思います。

インドは新興国の中では内需主導で経済成長してきた国と相対的に位置付けられてはいますので、今般の外的ショックには比較的耐えられる方といえるのではないでしょうか。

ただあくまでも新興国の中では、という注釈付きですが。

※ 経済成長についての基礎知識はこちら(経済の意味と仕組み、GDP(国内総生産)を簡単にわかりやすく解説!)をご参照ください。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!