ニュースを読み解く

日本株は「二番底」へ!?日経平均株価の底打ち見通しは?

 

 

昨日、2015/9/1の日経平均株価の終値は前日比724円安と今年3番目の下げ幅でした。中国発の世界同時株安から始まった先週、週末に反転上昇したことから市場が落ち着きを取り戻したようにも見えましたが・・・。ここで気になるのは次の底打ちはどこかということ。今回は今日、今週の日経平均株価の見通しを「二番底」となるかどうかと合わせて考えていきたいと思います。

 

ロイターの記事によると

日経平均は大幅続落、中国リスク意識し724円安 下げ幅今年3番目

2015年 09月 1日 15:40 JST

[東京 1日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は大幅続落。前日比で724円安と、全面安の展開となった。下げ幅は今年3番目の大きさとなる。中国国家統計局が発表した8月の中国製造業PMIが3年ぶりの低水準となったことを受け、中国の実体経済をめぐる警戒感が拡大。リスク回避ムードが強まり後場に一段安となった。

中国製造業PMIの結果を受け、上海総合指数.SSECは前日比で一時4%超の下げとなった。上海株はその後、下げ渋る動きをみせ、日本株も後場前半は一時1万8500円台を回復。ただ後場中盤から散発的な先物売りに押される形で軟化し、安値引けとなった。「中国景気へのリスクが後退しない限り、買いの手も伸びにくい」(ちばぎん証券顧問の安藤富士男氏)という。

東証1部上場銘柄の96%が下落。自動車・電機の主力輸出株の下げが目立ったほか、業種別の下落率では精密機器に加え、電気・ガス、医薬品などディフェンシブ関連が上位に入った。「中国の悪材料と米利上げが市場にネガティブな影響を与えた場合、最悪のシナリオとして昨年10月の日経平均高値1万6500円付近まで下落する可能性もある」(楽天経済研究所シニア・マーケットアナリストの土信田雅之氏)と声も聞かれた。

全文を読む

 

[コメント]

9/1の日経平均株価は18,165.69円 前日比-724.79円 -3.84%、TOPIXは1,478.11ポイント 前日比-58.94ポイント -3.83%。

一方で、中国・上海総合指数は3,165.07ポイント 前日比-58.94ポイント -1.27%。

先週末米国株が下落して終わった上に、注目されていた中国の経済指標、製造業PMIが3年ぶりの低水準となったことで、日経平均株価は下げ幅を広げていった感じですね。

ただ気持ち悪いのは当の中国・上海総合指数は下落したものの1%台のマイナス幅と小幅な下げに止まっていること。

単日で比較してもあまり意味がありませんので、もう少し期間を延ばして推移をみると日経平均株価は6/24の年初来高値が20952.71円、先週の世界同時株安後の最安値が8/26の17,714.30円。

下落幅3,238.41円、下落率15.46%ということですから、あく抜けするにはまだ下げ余地があるということでしょうか。

今週末は米国の利上げ観測に大きな影響を与える8月米・雇用統計がありますし、他にも注目される海外の経済指標やイベントが並ぶので一喜一憂しそうですね。

日経平均株価は一先ず先週安値8/26の17,714.30円で下げ止まるかどうかが当面焦点になるでしょう。

下割れしなければ二番底形成で一旦落ち着くでしょうが、下割れしてくると逆三尊底かあるいは本格的な下落トレンド入りかという見極めが難しいですね。

現状では先週同様、仮に先週安値を下割れしても17,000円のラインで落ち着くと見ていますが、米中をはじめとした海外要因に加え、国内もここにきて補正予算をどうするのかといった政治要因も出てくるので慎重に見ていきたいと思います。

※ 二番底とは・・・株式チャートの用語で、相場が下落している状態のときに、同じような水準の安値を2回つけた、その2回目のこと。現在の日経平均株価のチャートでは先週安値8/26の17,714.30円近辺で下げ止まり底打ちし反転上昇すれば「二番底」といえる。

※ ※ 逆三尊底とは・・・株式チャートの用語で、大底圏で谷が3つと山が2つでできるチャートのこと。2つ目の中心の谷が一番深く最安値(大底)となるのが特徴。現在の日経平均株価のチャートでは先週安値8/26の17,714.30円が1つ目の谷。そのため今後「逆三尊底」を形成する場合は次の谷が2つめの谷となり、1つ目の谷を底割れして最安値(大底)ということになる。

※ ※ ※ これまでの日経平均株価見通しについての記事は以下をご参照ください。

1 中国・上海株も下げ止まった!?来週の日経平均株価の見通しは? 投稿日:2015/8/29

2 株価下落局面は終わった!?今週末の日経平均株価の見通しは? 投稿日:2015/8/27

3 世界株安ドミノが止まった!?〜今日の日経平均株価の見通しは?〜 投稿日:2015/8/26

4 トヨタ株価急落が決め手!?日経平均株価見通し、今日が底打ち? 投稿日:2015/8/25

5 過度の日本株悲観論は禁物!?〜日経平均株価の見通しは暗くない?〜 投稿日:2015/8/24

6 中国発の世界同時株安〜日経平均株価下げ止まりの見通しは?〜 投稿日:2015/8/23

7 日経平均株価あっさり2万円割れ!来週の見通しは? 投稿日:2015/8/22

8 2015年後半、これからの日経平均株価の見通しは明るい?暗い? 投稿日:2015/8/17

※ ※ ※ ※ 投資初心者向けの株式投資手法の一例はこちら(株式投資初心者におすすめ!銘柄選択と売買タイミングの見極め方【まとめ】)をご参照ください。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!