証券

勉強より実践?株式投資を始める前に〜基礎知識と資金準備〜

2015年9月9日

142views

, ,

09月09日

142views

, ,

 

 

「株式投資は勉強よりも実践あるのみ」と言われますが、投資未経験の方が株を始めるにあたって何から手をつければ良いのかわからないというのが本音でしょう。そこでここでは株式投資の基礎知識や証券会社の口座開設方法、どのくらいの資金から始めるのがおすすめかについて説明していきます。2016年から資産形成・資産運用の一環として株式投資を始めてみるのはいかがでしょうか?

 

株式投資の基礎知識

スクリーンショット 2015-06-17 14.46.25

 

ここでは株式投資の基礎知識として株式投資とはどういったものかや株式投資の魅力とリスク、株式市場の仕組みについて説明していきます。

 

株式投資とは?

株式投資とは、値上がり益や配当金といった利益を目的として、株式に資金を投じることです。

ここでそもそも株式とは何かというと、株式会社が事業活動を行うにあたって投資家から資金を調達するために発行するものをいいます。

株式投資、つまり株式に資金を投じるとその株式を発行する株式会社の株主になります。

株主になると、議決権や配当金・株主優待を受ける権利を得ることができます。

※ 株式の基礎知識・株主の権利についてはこちら(株式とは〜株主の権利〜株式投資のリスク)も合わせてご参照ください。

 

株式投資の魅力とリスク

株式投資の魅力は、値上がり益や配当金といった利益で大きくお金を増やすことができる可能性があるということです。

みなさんは日本の銀行の普通預金金利が年平均何%かご存知でしょうか?

ご存知の方も多いかもしれませんが、正解は年平均0.02%です。

このような超低金利の銀行預金では大きくお金を増やすことは不可能です。

一方で、株式は買値を上回って値上がりした分から売買手数料や税金を除いた分が丸々自分の利益になりますし、これとは別に配当金を受け取ることができる可能性もあるわけです。

ただこの魅力とは裏腹に株式投資にはリスクもあります。

ここでいうリスクとは、一般的な意味である「危険性」という意味ではなく、「不確実性」である点にご注意ください。

株式投資のリスク=「不確実性」とは、一言でいってしまえば元本が割れる可能性があるということです。

投資した株式が買値を下回ってしまえば、売却をしなくても含み損ということになりますし、売却した場合は下落した分と手数料分を足し合わせたものがトータルの損失ということになります。

一般的に株式投資が「何となく怖い」と敬遠されている方が少なくないのは、この元本が割れる可能性があることをその理由としているといえるでしょう。

ただ、ここまでご説明したように株式投資には魅力もあればリスクもありますので、過度に期待することも、それとは逆に過度に不安視することも望ましいものではなく、冷静に向き合うことが大切といえます。

※ 株式投資のリスクについてはこちら(株式とは〜株主の権利〜株式投資のリスク)も合わせてご参照ください。

 

株式市場の仕組み

株式市場とは、「株を買いたい人」と「株を売りたい人」が集まって形成される場のことです。

※ 市場(しじょう)についてはこちら(金利と利子、単利と複利。これを読めば自分で計算できる!)も合わせてご参照ください。

みなさんがいつでも参加できる株式市場としては「証券取引所」が挙げられます。

日本の代表的な証券取引所は東京証券取引所(東証)です。

この「証券取引所」には審査基準を満たした企業の株式が「上場」しています。

上場とは、証券取引所が取引所の示す一定の基準を満たしたとして場内でその売買取引を認めることをいいます。

※ 東京証券取引所(東証)に上場している株式会社についてはこちら(株式の時価総額〜東証の上場企業数〜株式投資のよくある誤解)をご参照ください。

それでは、みなさんは株式を売買するのにこの「証券取引所」まで行けば良いのでしょうか?

いいえ、違います。

ここで登場するのが、「証券会社」です。

証券会社は、株式投資をする投資家と上場株式の売買の場である証券取引所を繋ぐ役目をしています。

株式投資をする投資家は、証券会社の口座に資金を入金して証券会社を通じて証券取引所に上場している株式(=上場株式)を購入したり、あるいは証券会社の口座で保有している上場株式を証券会社を通じて売却したりするわけです。

ですから、みなさんが株式投資を始めよう、株を買ってみようと思ったら、まず証券会社に口座を開設することが一番最初にやらなければならないことになります。

 

株式投資を始めるにあたって〜証券会社での口座開設方法〜

スクリーンショット 2015-06-17 15.15.09

 

証券会社に口座を開設するというと、何やら敷居が高いイメージを持たれている方もいらっしゃるかもしれません。

たしかに以前は証券会社というと一定以上の資産を保有している資産家や富裕層の方にしか縁のない存在でした。

しかし現在ではネット証券が台頭することによって一般の方が証券会社の店舗に行かなくてもいつでも証券会社の口座開設をすることができるようになりました。

以下では一般的なネット証券のWEB上での口座開設の流れをお伝えしていきます。

 

証券口座開設の流れ

1. 証券会社を選ぶ

まずはどこの証券会社の口座を開設するかを選ぶことから始めます。

手数料や使い勝手の良さ、付加サービス等証券会社によって様々ですが、銀行の預金口座と同じで1つに絞る必要はありませんので、まずは気軽に口座開設してみてください。

通常は口座開設するだけで手数料がかかるということはありません。

また一般的には3つくらいの証券口座を開設されている方が多いようです。

手数料や使い勝手の良さ、付加サービス等を比較して決めたいという方は、こちらのページを参考にして決めてみてはいかがでしょうか?

2. WEBで口座開設を申し込む

ここから先は口座開設すると決めた証券会社の方法に従って口座開設をすることになります。

申込書に記入する項目は、基本的な事項は銀行の預金口座と同じく氏名・住所・勤務先等で、あとは株式を売却した時の資金等を入金するご自身名義の銀行預金口座を指定することなどです。

少々特殊な項目としては、株式を売却し利益となった場合の税金の取り扱いを決める「特定口座・源泉徴収あり」、「特定口座・源泉徴収なし」を選択する欄が挙げられます。

一般的には、「特定口座・源泉徴収あり」を選択しておけば、確定申告をせずに利益が出る都度源泉徴収してくれますから便利かと思います。

ただ証券口座を複数保有していて口座間で損益通算する場合は確定申告をした方が税制上有利になる場合もありますので、少々面倒ではありますがその際には「特定口座・源泉徴収なし」を選択するのも手でしょう。

 

株式投資の資金準備〜株を始めるにはいくら必要か?〜

スクリーンショット 2015-06-17 16.29.56

 

「さあ、証券口座開設も済んだし、早速株を買ってみよう」と思っても「ところで株っていくらくらいから買えるの?」という疑問が次に出てくるのではないでしょうか?

これも証券口座開設の時と同じく「どうせ多額の資金が必要なんでしょ・・・」というイメージを持たれている方が少なくありません。

しかしこれは誤ったイメージです。

株式投資には必ずしも大金は必要ありません。

それでは一体いくらからできるのでしょうか?

まず理解しておかなければならないのは、上場株式の価格(株価)と通常の株式取引で売買される売買単位(単元株)によって最低取引額が決まるということです。

たとえば、トヨタ自動車(銘柄コード:7203)はとある日の株価(終値)が7,050円、売買単位は1単元が100株ですから、売買手数料が0だとすると最低取引額は705,000円(=7,050円×100株)ということになります。

「あれ!?70万円もかかるの?結局大きなお金が必要じゃない・・・」

ちょっと待ってください。

これはあくまでも単元株を購入する場合の最低取引額です。

現在は株式累積投資(るいとう)や株式ミニ投資といった方法で単元未満で株式を購入することが可能となっています。

※ るいとうや株式ミニ投資についてはこちら(株式売買の仕組み〜株式投資リスク軽減のための分散投資)をご参照ください。

こういった方法も含めて株式投資を始めることを考えれば、株を始めるにあたっての資金準備は最低5万円程度からできます。

もちろん先ほどご説明したように株式投資には元本割れリスクがありますから、ある程度まとまった余裕資金で行うに越したことはないといえます。

ただ株式投資はみなさんが思っているほど敷居が高いものではないということは覚えておいてください。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!