ニュースを読み解く

歴史的回復から一転!?日本の景気動向の現状と今後

 

 

2012年12月の安倍政権発足と同時に始まったアベノミクス。これの効果もあって日本の景気の推移は歴史的回復を遂げてきたといっても過言ではないでしょう。しかし2015年現在この景気回復の現状に暗雲が。そこで今回は日本の景気動向の今と今後の見通しについてどのような打ち手があるかを含めて考えていきたいと思います。

 

ロイターの記事によると

街角景気8月は7カ月ぶり50割れ、先行きも中国減速で大幅悪化

2015年 09月 8日 16:46 JST

[東京 8日 ロイター] – 内閣府が8日に発表した8月の景気ウォッチャー調査では、景気の現状判断DIは49.3で、横ばいを示す50の水準を7カ月ぶりに下回った。前月比2.3ポイント低下で2カ月ぶりの悪化。

企業動向関連、雇用関連、家計動向関連がいずれも低下した。株価下落や値上げによる消費者マインドの冷え込み、中国減速による企業の受注減などの影響も出ている。

2─3カ月先を見る先行き判断DIは48.2で、前月比3.7ポイントの大幅低下。3カ月連続の低下となった。50の水準を8カ月ぶりに下回った。

全文を読む

 

[コメント]

景気の現状判断DIが49.3、先行き判断DIが48.2。

現状も2ー3ヶ月後の先行きも50割れで、企業動向関連、雇用関連、家計動向関連いずれも低下ということですから、日本の景気は既に悪化しており先行きも怪しいということになりますね。

株式市場の不安定化や中国経済の減速の煽りを受けて外需の先行き不透明感から考えればやむを得ないところもあるでしょう。

ただ言い訳できないところがあるのは、内需も弱っていること。

これは現状の消費の弱い数字を見れば明らかでしょう。

何が悪影響を及ぼしていて除かなければならないか、また何が不足していて充足させなければならないかを改めて洗い出す必要があるかと思います。

とくに外需が悪化するのはやむなしですから、内需強化は日本経済にとって必須であるはずですから。

※ 景気ウォッチャー調査とは・・・2000年から毎月内閣府が発表している景気に関する指標のこと。北海道、東北、北関東、南関東、東海、北陸、近畿、中国、四国、九州、沖縄の11地域を対象に百貨店・スーパーマーケット・コンビニエンスストアなどの小売店や、タクシー運転手、レジャー業界など景気に敏感な職種の人々にインタビューをし、調査結果を集計・分析した上、景気動向の指標として発表している。「街角景気」とも呼ばれる。

※ ※ アベノミクスについてはこちら(今さら聞けない!?アベノミクスとは?〜成功か失敗かを語るその前に〜)をご参照ください。

※ ※ ※ 世界的に著名な国際経済学者でノーベル経済学賞受賞者でもあるポール・クルーグマン教授(プリンストン大学)の日本・米国・中国経済見通しについての論考はこちら(クルーグマン教授に学ぶ国際経済学〜日本・米国・中国経済の処方箋〜)をご参照ください。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!