ニュースを読み解く

モバイルバンキングが日本で普及しないのはなぜ!?

 

 

国際的に普及してきているモバイルバンキング。モバイルバンキングとはダイレクトバンキングの一種でスマホ等からインターネットを経由して24時間利用できる銀行サービスのこと。このモバイルバンキングの普及・利用率がここ日本ではあまり進んでいません。なぜでしょうか?今回はこの点について考えていきましょう。

 

Bloombergの記事によると

出遅れる日本のモバイルバンキング、便利な店舗やATMで満足感

2015/09/08 13:03 JST

(ブルームバーグ):東京・丸の内にある三菱東京UFJ銀行本店。米証券ジェフリーズ・グループのアナリスト、マカリム・サルマン氏(東京在勤)は来日した友人や家族を必ずここに案内する。天井が高く大理石で囲まれ、ピンクのじゅうたんが敷き詰められた店内はきれいで行員の応対も丁寧。これこそが日本だと語る。外国人の目に日本の銀行店舗は「特別」に映っているようだ。

サルマン氏は、ここを訪れるたびに「ジェームス・ボンドの映画を見ているようだ」と感じる。入店すると行員が「いらっしゃいませ」と迎えてくれ、とても簡単な用事でも親切に応対して取引を手引きしてくれるため、まるで自分が紳士になったように思うからだ。

こんな店舗を持つ日本の銀行だが、国際的に見るとスマートフォンなどを使ったモバイルバンキングの普及・利用率は低い-。外資系証券やリサーチ会社から、こんな調査・分析結果が出ている。普及速度は各国の経済事情や生活習慣の違いにもよるが、日本の銀行は支店営業中心が現状で、経営の低コスト化や近代化の機会を逃している可能性がある。

全文を読む

 

[コメント]

 

日本の顧客は現金取引とATMで満足している

 

昨年までの銀行員時代を振り返るとたしかに上記でニーズを満足させている顧客が多いというのは経験上大いに感じるところ。

ただその一方で若年層を中心にモバイルバンキングに対応できていないことや利便性が低いことに対する不満を持つ方も少なからずいるということもたしかです。

今後はこうした若年層に上の世代から資産が移っていくわけですから、日本でもモバイルバンキングサービスそれ自体のサービス向上と普及を考えていく必要があるのではないでしょうか。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!