ニュースを読み解く

リーマンショックを振り返る〜あの金融危機の原因は「善意の暴走」!?〜

 

 

2008年9月、投資銀行大手の米リーマン・ブラザーズが倒産したことに端を発した金融危機、「リーマンショック」。このリーマンショックでは株価や債券価格等の大暴落、また為替レートの大変動が起こりました。これはサブプライムローンの証券化とレバレッジ投資によって膨張したバブルの破裂によって引き起こされましたが、バブル膨張の原因はそもそもどこにあるのでしょうか?今回はこの点について振り返って考えていきたいと思います。

 

日経ビジネスの記事によると

リーマンショック、善意の暴走
「誇らしい我が社」はなぜ世界経済を破壊したか

河瀬大作、片瀬京子 2015年9月14日(月)

地獄への道は、善意で舗装されている――。これは、資本論を記したカール・マルクスの言葉とされている。

そのマルクスの没後125年となる2008年、今から7年前にあたる9月15日に、投資銀行大手の米リーマン・ブラザーズが倒産した。負債総額は64兆円で、史上最大級の倒産となる。これがきっかけとなり、リーマンショックと呼ばれる恐慌が起きた。

リーマン・ブラザーズは1850年に設立されたアメリカ最古の投資銀行であり、過去には航空や映画などの産業の成長に貢献してきた。

1999年に、当時のビル・クリントン政権が金融の自由化を進めると、リーマンは生き残りの策を練る。リーマンをしのぐ資金力を持つ銀行が証券業界に参入することになったからだ。

全文を読む

 

[コメント]

 

どこかで『あれ、もしかするとこのままではまずいのでは』と気がつきながらも、『でもこれは、いいことなのだから』と、止められなかった。もし悪意が原動力であったなら『やりすぎないでおこう』と思えたはずです。

 

悪意がないことをもって善意とすることに違和感を覚えます。

それと同時に悪いことではないことが即ち善いことというわけでもないでしょう。

ただ一つ思うのは、”金融のようにプロと一般人の知識の格差が大きい分野では、知りながらにして害をなすことは、あってはならない”のは金融機関として職業倫理上最低限のものであって、本来の金融のプロは害をなすことをわからなかった、知らなかったという無知であることそれ自体が悪と考える必要があるのではないかということです。

ですから、リーマンショックを”善意の暴走”でどうにもならない自然災害のように語るのは誤りだと私は思います。

※ サブプライムローンとは・・・主に米国において貸し付けられる住宅ローンのうち、サブプライム層(優良客(プライム層)よりも下位の層)向けとして位置付けられるローン商品のこと。

※ ※ レバレッジ投資についてはこちら(大手投資ファンド・KKRの巨額損失に学ぶレバレッジの怖さ)を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!