ニュースを読み解く

そのIPO株は上場ゴール?公募価格割れ?新興市場IPOの審査厳格化について

 

 

日本郵政グループの新規株式公開(IPO)が注目を集めています。その最中にあって東証の「上場審査基準」は甘すぎるのではないかという声が出ています。これはとくに東証マザーズへの上場企業の初値が軒並み公募価格割れしていることがその理由とされています。それでは「上場審査基準」を単純に厳格化すれば良いのでしょうか?今回はこの点について考えていきたいと思います。

 

Diamond Onlineの記事によると

新興企業上場の審査厳格化はまだ甘くはないか

週刊ダイヤモンド編集部 2015年9月23日

本当に上場して大丈夫なのか──。10月にマザーズに上場が決定したばかりのある新興企業をめぐり、市場関係者からその成長性を疑う声が上がっている。

それがアップバンク。ゲームアプリに関する攻略情報の提供やスマートフォン関連グッズの販売で急伸してきた企業だ。もっとも、スマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」に関する動画配信で名をはせたマックスむらい氏の所属する企業といった方が有名かもしれない。

業績は一見順調のようだ。2014年12月期の決算は、売上高30億円で当期純利益3.3億円。それが15年上半期で売上高20億円、純利益2.8億円と、前期を大きく上回るペースで稼いでいる。

それなのに成長性が疑問視され、警戒されるのはなぜか。実は、成長の源泉であった広告事業をこの6月に取りやめたからだ。

全文を読む

 

[コメント]

IPOの審査厳格化については上場する市場によって捉え方が違うでしょう。

東証一部・二部はもっと厳格にすべきところも見受けられるかと思いますが、一方で東証マザーズのような新興市場で審査厳格化をやり過ぎてしまうと、今後の成長性が期待されるベンチャー企業の資金調達の場としての意味合いが希薄になってしまい、日本の株式市場全体にとってはマイナスといえるのではないでしょうか。

要はバランスの問題ですが、なかなか難しいですね。

ある程度トライ&エラーしつつ上場審査基準を適宜調整していく以外に方策はなさそうです。

※ IPOとは・・・「Initial Public Offering」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させること。

※ ※ 日本郵政グループのIPOについては以下を参照のこと。

1 日本郵政IPO株購入にあたって個人投資家が気をつけるべきこととは? 投稿日:2015/9/15

2 個人投資家は日本郵政IPO株を購入すべきか? 投稿日:2015/9/10

3 郵政3社上場 個人投資家にメリットはある!? 投稿日:2015/8/15

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!