ニュースを読み解く

アクティブ運用の投資信託はダメ!?パッシブ運用がおすすめって本当?

 

 

投資信託にはアクティブ運用とパッシブ運用があります。前者は市場の平均的な収益率を上回る運用成果をあげようとするもの。後者はインデックス・ファンドに代表されるように市場全体の平均的な収益を獲得することを目的とするものです。それでは2015年残り3ヶ月余りの運用はどちらがおすすめか、また別の運用の方が良いのかについて今回は考えていきましょう。

 

Bloombergの記事によると

ゴールドマンがアクティブ運用者に伝える「悪い知らせ」

2015/09/22 17:32 JST

(ブルームバーグ):ゴールドマン・サックス・グループによれば、米S&P500種株価指数に非常に珍しいことが起きたため、アクティブ運用で市場全体を上回る成績を上げようとするのは年内かなり厳しくなる。

ゴールドマンの米株ストラテジスト、デービッド・コスティン氏とチームはリポートで、銘柄によるリターンのばらつきが8月の劇的な売りの後に小さくなったと指摘。リポートによると、一斉売りとばらつき縮小が同時に起こるのは珍しいという。同氏によれば、1981年以降では2回だけ。87年のブラックマンデーとハイテク株バブルの終わりの時期のみだという。

これは売りが企業のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)の変化によるのではなく、もっと一般的な一連のマクロ経済的イベントによって引き起こされたことを意味すると、コスティン氏は指摘した。市場の不透明感からみて、こうした状況が近い将来に変わるとは考えにくいとも同氏のチームは分析。2015年はベンチマークを上回るリターンを挙げていわゆる「アルファ」を生み出すのは難しいだろうと結論付けている。

全文を読む

 

[コメント]

 

売りが企業のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)の変化によるのではなく、もっと一般的な一連のマクロ経済的イベントによって引き起こされたことを意味する

 

中国・上海発の世界同時株安が起こり、世界の株式市場全体が不安定化しているわけですから、個別企業のファンダメンタルズよりもマクロ経済のイベントに左右されるのは仕方がないといえるでしょう。

そこから考えれば”2015年はベンチマークを上回るリターンを挙げていわゆる「アルファ」を生み出すのは難しいだろう”というのは当然ともいえるかもしれません。

そういう意味ではアクティブ運用よりもインデックス・ファンド等のパッシブ運用にしたほうが無難といえるでしょう。

運用にかかるコストが個人投資家の方にとっては総じてアクティブ運用よりもパッシブ運用のほうが安く済みますし。

ただもっといえばマクロ経済のイベントすら株価の上下の後付けの理由にされている、つまりセンチメント(市場心理)で右往左往している感が強いので、銘柄選択を重視したポートフォリオ運用そのものが実績を上げづらい状況にあると思います。

個人投資家の方がファンド云々を度返しして投資するのであれば、現金ポジションを一定以上維持した上での個別株の短期売買に徹する方が勝算がある相場ともいえるのではないでしょうか。

※ アクティブ運用とは・・・市場や投資銘柄に対するさまざまな調査結果や予測を基にして、市場の平均的な収益率を上回る運用成果をあげようとする運用のこと。

※ ※ パッシブ運用とは・・・市場全体の平均的な収益を獲得することを目的とし、十分に分散化されたポートフォリオを保有する運用のこと。

※ ※ ※ インデックス・ファンドとは・・・ベンチマーク(運用成果の比較対象)となるインデックスのすべての構成銘柄、あるいは代表的な銘柄に投資し、保有する投資信託のこと。日本では、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)がベンチマークとして一般的で、インデックス・ファンドの基準価額は、これらの指数と同じ値動きをすることを目指している。

※ ※ ※ ※ 資産形成のための投資信託の基礎についてはこちら(投資信託とは〜投資信託のメリットとデメリット)を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!