ニュースを読み解く

安倍晋三首相が狙う日本のGDP600兆円は達成可能か?

 

 

2015/9/24の自民党総裁選挙で再選が決定した安倍晋三首相。改めて政権運営を経済最優先とし、日本のGDP(国内総生産)を600兆円にすることを目標として掲げました。強い経済、子育て支援、社会保障をアベノミクスの新たな「三本の矢」と位置づけるとのことです。今般の経済成長率から鑑みてこれは実現可能な目標といえるでしょうか?今回はこの点について考えていきたいと思います。

 

NHKニュースの記事によると

首相 GDP600兆円目標に政権運営へ

9月24日 5時11分

安倍総理大臣は24日、先の自民党総裁選挙での再選が正式に決まります。安倍総理大臣はそのあと記者会見し、GDP=国内総生産を600兆円にすることを目標に、経済最優先で政権運営に当たる決意を示したうえで、アベノミクスの果実を子育て支援や社会保障に大胆に投資する方針を打ち出すことにしています。

自民党は、今月8日に告示した総裁選挙の結果を受けて、24日に両院議員総会を開き、安倍総理大臣の再選を正式に決定するほか、安倍総理大臣が来月4日からの週に、党役員人事と内閣改造を行う意向を固めたことを踏まえ、党役員人事について安倍総理大臣に一任することを決めることにしています。

全文を読む

 

[コメント]

名目GDPを政権運営の目標とすること自体は好ましいことと思います。

2020年のプライマリーバランス(PB)黒字化達成のためにも経済成長による税収増を最優先に考えるべき時ですから。

ただこの記事だけ読むと年何%、何年での達成ということが明言されていないのは残念です。

3年間の総裁任期中なのであれば年換算7%(複利)が求められ、これは絶対不可能といって良い数値でしょう。

また”強い経済、子育て支援、社会保障をアベノミクスの新たな「三本の矢」と位置づけ”とありますが、これは正直有権者にとって耳障りの良いものを集めたというところではないでしょうか。

子育て支援も社会保障も、強い経済、内需主導での経済成長ありきの話だと思いますので、この点を踏み外さずに政権運営していただきたいところです。

※ プライマリーバランス(PB)とは・・・国の財政収支において、借入金を除く税収などの歳入と過去の借入に対する元利払いを除いた歳出の差額のこと。これが収支差額0(これを均衡)を下回る(赤字)状態が永続すると、国の財政運営を国債等によって賄わざるを得なくなり、ゆくゆくは国債残高の発散(無限に膨張)が起こってしまう可能性がある。

※ ※ GDPについてはこちら(経済の意味と仕組み、GDP(国内総生産)を簡単にわかりやすく解説!)を参照のこと。

※ ※ ※ アベノミクスの簡単な解説についてはこちら(今さら聞けない!?アベノミクスとは?〜成功か失敗かを語るその前に〜)を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!