ニュースを読み解く

VWの不正は強いドイツ経済を揺るがすほどの大問題!?

 

 

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正。これを受けてVW株の株価急落はもちろん、ドイツや欧州株式市場に止まらず世界全体の株式市場に影響を与える「VWショック」ともいわれる事態になっています。こうした海外の反応が過敏になる中で、安定的に強いとされてきたドイツ経済が揺らいでいます。そこで今回はドイツ経済の見通しを含めてなぜVWの排ガス不正がここまで大問題となっているのかについて考えていきましょう。

 

現代ビジネス[講談社]の記事によると

ドイツ経済は過大評価されてきた! フォルクスワーゲン不正で露呈したドイツ企業「グローバル化」の限界

2015年10月01日 安達誠司

ドイツのアイデンティティは崩壊の危機に

世界のマーケットにまたまた新たな懸念材料が台頭した。フォルクスワーゲンの排ガス不正スキャンダルである。

ことの発端は、米国の環境保護局が、フォルクスワーゲンとその傘下であるアウディが販売するディーゼルエンジン搭載車の一部が、米国の排ガス規制に関する試験をパスするために違法なソフトウェアを使用していたと発表したことであった。

さらに、そのソフトウェアを開発したのが、同じくドイツの代表的な大企業であるボッシュであり、ボッシュは、フォルクスワーゲン社からソフトウェア開発を請け負った段階でその不正を知っていた可能性も指摘されている(もっといえば、EUの規制当局も、フォルクスワーゲン社の不正を事前に知りながら放置していた疑いも取り沙汰されている)。

また、同様の不正は、フォルクスワーゲン社だけではなく、同じドイツの自動車メーカーであるBMWも行っていたとの指摘もなされており、問題は、ドイツの製造業全体の信頼性を大きく揺るがす事態にまで広がりつつある。

全文を読む

 

[コメント]

 

ドイツの「独り勝ち」という幻想は、崩壊しつつあるのかもしれない。

 

その通りの状況が目の前に広がっている気がします。

今回のVW排ガス不正問題はVWだけで止まるものであればそこまでの広がりはなかったのでしょうが、違法なソフトウェア開発に関わったとされるボッシュ、VWと同様の不正を疑われているBMWとドイツの代表的大企業の名前が次々と挙がってきてしまいましたから、ドイツ企業全般の問題として捉えられてしまうのもやむなしといったところではないでしょうか。

とくにドイツは謹厳実直を旨としたブランドイメージが根強くあるので、今般のような不正を働いたというのはインパクトがどうしても大きいですね。

 

ドイツは先進国の中でも突出して輸出比率が高い。GDPベースでみると、輸出の対GDP比率は直近(2015年第二四半期)で48.8%である(ちなみに日本は17.1%)。うち、自動車、及び自動車部品は全輸出金額の2割弱程度となるので、自動車、及び自動車部品輸出はGDP比で10%程度を占める。

 

上記にあるようにドイツは先進諸国中でも輸出依存度の高い国ですし、その中でも製造業の占める割合も小さくないですから、ドイツ経済の減速懸念は避けがたいと考えるしかなさそうです。

当然中国を中心とした新興国経済の減速が顕著となってきている中で歓迎できる状況ではありませんが・・・

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!