ニュースを読み解く

住宅(マイホーム)購入のタイミング、「今が買い時」って本当?

 

 

住宅(マイホーム)の購入はほとんどのみなさんにとって人生最大の買い物といって良いでしょう。購入後に後悔するような物件は避けたいもの。またたとえ満足のいく物件に出合えても住宅(マイホーム)購入のタイミングは本当に今が適切か迷いがちです。そこで今回は2015年現在、住宅(マイホーム)は購入のタイミングとして「今が買い時」といえるかどうかについて考えていきたいと思います。

 

東洋経済オンラインの記事によると

なぜ今、プロは「住宅の買い時」と言うのか?
FPたちはこう見ている!

『SUUMOジャーナル』編集部 2015年10月03日

住宅金融支援機構は、「平成27年度下期における住宅市場動向について」※を公表した。これによると、一般消費者の49.2%が「下期は買い時」と回答しており、お金のプロであるファイナンシャルプランナーの見解では62.3%が「上期より買い時」と回答したという。お金のプロは、どういった理由で買い時と判断しているのだろうか?

【今週の住活トピック】
「平成27年度下期における住宅市場動向について」を公表/住宅金融支援機構

※一般消費者(平成27年10月から平成28年3月までに住宅取得を検討中の25~59歳の男女、回答数1100)、住宅事業者(フラット35の利用があった事業者、回答数672)、ファイナンシャルプランナー(セミナー等の同機構業務協力者、回答数53)に対して、平成27年7~8月に調査を実施したもの。

今年下期は「買い時」が優勢、その理由は?

一般消費者に、「これから半年内(平成27年10月~平成28年3月)は、住宅の買い時だと思いますか?」と質問したところ、「買い時だと思う」が49.2%で「買い時だと思わない」の10.5%を大きく上回った。また、「どちらともいえない」も40.4%と多くを占めた。

「買い時だと思う」と回答した人(541人)に買い時と思う理由を聞いたところ、「住宅ローン金利が低いから」が68.8%と過半数を占め、「今後消費税が引き上げられるから」が36.2%と続いた。特に、25歳~39歳の若い層で、住宅ローンの低金利を理由に挙げる人が多いのが特徴だ。

全文を読む

 

[コメント]

ファイナンシャルプランナーが買い時と思う理由も、「住宅ローン金利の低水準」が最多で84.8%。ただし、次いで多いのが「経済対策によるフラット35Sの金利引き下げの効果」(66.7%)で、「消費税率引き上げ前の駆込み効果」(24.2%)は5番目にすぎなかった。

日本の金利環境のみで考えれば住宅ローン金利は異常ともいえるくらい低水準なのはたしかですから「住宅の買い時」ということになるのでしょう。

ただ住宅を購入する理由は住宅ローン金利のみに着目して行うべきではないのもたしか。

ご自身とご家族のライフスタイル、家計の現状と将来の収支や資産状況を総合勘案した上で住宅購入を希望するのであればというところではないでしょうか。

住宅ローンは当然ですがあくまでも借金ですから、それほど強い希望がないのであれば「住宅の買い時」という宣伝文句に惑わされずに冷静に買わない選択するのも大切だと思います。

 

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!