ニュースを読み解く

日本人の生命保険加入率の大幅低下をどう考えるべきか?

 

 

日本人の生命保険の世帯加入率は国別でみてダントツの高さを誇っています。しかしその一方で近年の時系列での推移をみると年々低下しており、今年(2015年)の調査ではとうとう9割を切るところまできました。年齢別ではとくに30〜40代のいわゆる資産形成層の加入率低下が顕著です。これは何が原因なのでしょうか?またこれについてどう考えるべきでしょうか?今回はこれについて考えていきましょう。

 

BLOGOSの記事によると

保険加入率の大幅低下、やっぱり貧しくなっているから?

2015年10月07日 07:00

大の保険好きと言われる日本人の保険加入率が低下しています。保険に対する考え方が変わってきている可能性が指摘されていますが、一方で世帯収入の減少で保険に入る余裕がなくなっているという見方もできます。

生命保険文化センターが3年ごとに行っている「生命保険に関する全国実態調査」によると、2015年における生命保険の世帯加入率は89.2%となり、前回調査よりも1.3ポイント低下しました。現在の調査方式にしてから90%を下回るのは初めてのことになります。

55歳以上と29歳以下での加入率はあまり変わりませんが、30代から40代の加入者が減少しており、これが全体の加入率低下につながりました。かつては専業主婦の世帯が多く、男性は一家の大黒柱という位置付けでした。このため、多くの人があまり中身を吟味せず、当たり前のように保険に入っていました。

全文を読む

 

[コメント]

”厚生労働省の国民生活基礎調査によると2000年の平均世帯収入は617万円でしたが、2013年は529万円”、”総務省の家計調査では、2000年の保険に対する支出は月あたり4万1800円でしたが、2014年には2万4400円まで減少”とあるように平均世帯収入が保険に対する支出額の減少、ひいては保険加入率の低下にかなり寄与しているということですね。

これは一つとしてはある程度やむを得ないことだと思います。

ただその一方でこれから将来にわたっての社会保障ではご自身やご家族にとって十分な保障を得られるとは言い難いですから、本来であればリテラシーを高め中身を吟味して加入するのが必要不可欠です。

そう考えると全体の”68.6%の人が、保険について「ほとんど知識がない」と回答”しているというのは当然好ましい状態とはいえないでしょう。

 

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!