ニュースを読み解く

NISAより使える確定拠出年金(401k)のメリットとは?

 

 

今年(2015年)に入ってNISA(ニーサ)口座での株式や投資信託の保有残高が拡大し、NISAの認知度はかなり広まってきています。その一方で、確定拠出年金(401k、DC)は加入していない、または加入していてもよくわからないという方がまだまだ多いです。しかし401kはNISAよりも税制、税金の面で優れている制度です。そこで今回は401kのメリットとデメリットについて改めてお話していきます。

 

NewsPicksの記事によると

改めて知りたいDCの税制優遇面
所得減税と投資減税の両面でメリットがある、確定拠出年金

2015/10/8

確定拠出年金の改革案が先の通常国会では決まらず継続審議になりました。残念ではありますが、早ければ年内の臨時国会、遅くとも2016年の通常国会では審議が行われ、個人型確定拠出年金を公務員や専業主婦にも広げるなど、より使いやすい制度に改定されて、2017年からスタートすると見込まれています。

DCの税制優遇への理解が広まっている

確定拠出年金(DC)をご存じでしょうか。先週のコラムで定額積立のコメントを書いたところ、すぐにDCにピンときてコメントを書いてくださった読者が多くいらっしゃいました。さすがですね。NewsPicksを愛用されていらっしゃる方は意外にDC加入者が多いのかもしれません。

厚生労働省が発表している2015年6月末のデータでは、企業型DCで530万人強、個人型DCで22万人強が加入していることになっています。しかし、実際に自分がDCに加入していることをわかっている人はどれくらいいるのでしょうか。

2015年5月に実施したサラリーマン1万人アンケートでは、回答者1万2117人のうちDCに加入していると回答した人は31.3%、加入していないと回答した人が44.7%、そしてわからないと答えた人が24.0%でした。自分が入っている年金制度を知らない人が意外に多いことがわかりました。

全文を読む

 

[コメント]

確定拠出年金(401k、DC)は60歳まで引き出せない、給付金額の変動リスクがあるといったデメリットもありますが、その一方で節税メリットが大きいというのがメリットですね。

掛金拠出時に全額所得控除の対象となること、掛金の運用時に運用によって生じた収益が非課税となること、年金・一時金の給付時に各々控除の対象となるわけですから。

この点運用によって生じた収益が非課税になるのみであるNISA(ニーサ)よりも税制面での優遇は大きいといえるでしょう。

2017年から個人型DCの加入者範囲の拡大で公務員や専業主婦の方も加入者となれる予定ですので、老後資金準備のための資産形成に役立つ制度だと思います。

※ 確定拠出年金(401k、DC)についてはこちら(2016年から始める人に!おすすめの確定拠出年金(401k)【まとめ】)を参照のこと。

※ ※ NISA(ニーサ)についてはこちら(比較よりまずは理解!初心者のためのNISAの基礎【まとめ】)を参照のこと。

※ ※ ※ 所得控除についてはこちら(所得税を計算するために!所得控除と税額控除の違いとは?)を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!