ニュースを読み解く

よく言われる「日本人は投資が嫌い」って本当!?

 

 

「日本人は投資が嫌い」とは巷間よく言われることです。たしかに家計の資産構成をみると株式や投資信託の割合が全体の2割に満たない一方で現預金は5割超となっています。米国がこれとは逆に株式や投資信託の割合が全体の5割超、現預金が2割に満たないのとは対照的です。しかし日本人が投資をしないことは「日本人は投資が嫌い」という国民性をその原因とするものと本当にいえるでしょうか?今回はこの点について考えていきましょう。

 

NewsPicksの記事によると

『投資バカの思考法』著者 藤野英人氏インタビュー(前編)
なぜ、バブルは起きたのか。投資ファンドトップが語る、国民性と株価の関係

2015/10/16

時代を切り取る新刊本をさまざまな角度から紹介する「Book Picks」。隔週金曜日は、話題の新刊著者インタビューを、前後編に分けて掲載する。
株価が乱高下する昨今、「やはり投資は怖い」と考える日本人も多いだろう。そんな中、『投資バカの思考法』を著した藤野英人氏は、企業価値に着目したうえで、伸びている会社に着実に投資する重要性を強調する。著者が25年間のファンドマネージャー生活を経て気づいた、「お金」「投資」の本質とは。短期の株価変動に一喜一憂しないためにも、今こそ読みたい1冊だ。

投資とは、自分のエネルギーを投じて行う行為

──今回出版された『投資バカの思考法』では、25年間のファンドマネージャー生活で学んだ、「投資」や「お金」の本質について解説しています。藤野さんは投資を、どのようなものだと捉えていますか。

藤野:多くの人は投資をギャンブルだと考えています。自分のお金を投じて、運が良ければ儲かるし、運が悪ければ損をする、と。

そういう側面はありますが、根本的に言えば、知恵、情熱、お金、ノウハウなどを投じてリスクを取り、未来からリターンをいただくことだと思います。お金の量が変動すること自体を悪だと考える人も多いですが、投資とはもっと、人間のエネルギーを投じて行う素敵な行為なんです。

全文を読む

 

[コメント]

“ただの経済現象として始まったデフレが、生き方にまで影響するようになった”というのは実感を持ってその通りだと思います。

適切な経済政策運営がなされていれば一時的にデフレになっても、ここまで長期深刻化することはなかったでしょうから、残念でなりません。

この点は非常に罪深くて、デフレは”資産を現金で持つことが正解”としてしまいますから、結局日本人を投資から遠ざけてしまいましたね。

ただたとえば米国でも貯蓄性向が高い期間がありましたから、投資から目を背けるのは日本人特有のものではない旨確認しておきたいところです。

2012年末から始まったアベノミクスでは、現実的な進捗状況はともかくとして、最優先の政策目標として「デフレ脱却」が掲げられていますから、今後はインフレとなる前提で投資に対して目を向けていかざるを得ないと考えた方が良いでしょう。

※ インフレとデフレについてはこちら(今さら聞けない物価、需要と供給、インフレとデフレの意味)を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!