ニュースを読み解く

分散投資における株と債券の関係について考える【資産形成】

 

 

資産形成や資産運用において欠かせない「分散投資」。よく言われるのが株式と債券は負の相関関係、つまり値動きが逆に動きやすいので組み合わせるには相性が良いというものです。これは本当にそう言い切れるでしょうか?またそう言えるとして株と債券の比率をどういった割合で組み合わせるのが良いのでしょうか?今回はこれらについて見落とされがちな点を指摘しつつ考えていきたいと思います。

 

ZUU Onlineの記事によると

株と債券の分散投資を10年続けたら…「名コンビ」の効果を検証

2015年10月19日

投資でリスク回避の効果的な方法の一つとして分散投資が挙げられます。その中でも株式と債券は相性の良い組み合わせと言えるでしょう。そこで株式と長期国債に投資した場合のリスク低減効果について考えてみます。

2004年末に株式と債券に投資をし、2013年末までにその時価の値動きがどのように動いたのかシュミレーションを行ってみました。

手法は次の通りです。元本として100万円。株式は日経平均をそのまま保有、債券は10年物国債を購入し1年後に時価で売却。株式とのリスク分散効果を高めるためのこのような運用を仮定しています。国債の売却価格は本来では、残存期間9年の国債の時価を使うべきでしょうが、データ収集の関係から残存期間10年をそのまま使っています。

手数料、税金等は一切考慮していません。細かく言えば現実の取引と完全に同一というわけにはいきませんが、これでもリスク分散効果を見ることができると思います。

グラフは①全額株式に投資した場合、②全額国債に投資した場合、③株式に30%そして国債に70%投資した場合、④は③の割合で毎年1年経過したときにリバランスを行った場合、を表しています。上記投資の収益計算とグラフは筆者が作成しています。

全文を読む

 

[コメント]

投資期間によってリスクリターンの結果は変わりますが、参考値として知っておくのは良いと思います。

株と債券は資産分散として負の相関になりやすいので相性が良いのはその通りでしょう。

ただこの調査でそれ以上に注目したいのは株:債券を30:70にした場合、1年ごとにリバランスするのと、リバランスしないのとではリバランスしたほうが好結果となっている点です。

これは図らずとも時間分散の効果を示しているといえるかと思います。

分散投資において資産分散だけを考えるよりも時間分散と両輪で考えたほうが良い一つの証左といえるのではないでしょうか。

※ 相関係数とは・・・2種類の資産等のデータについて関係性があるかどうかを判断する指標のこと。資産データの場合、その関連度合いは各資産の過去のリターンを元に算出され、「0を中心に、1~-1の範囲」の数値で表される。相関係数が0だと値動きが無関係で、1に近いほど値動きが似ており、-1に近いほど反対の動きをすることになる。

※ ※ 分散投資についてはこちら(【資産形成】分散投資の効果を得るためのコツとは?)も合わせて参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!