ニュースを読み解く

「学資保険」って本当に必要!?

 

 

お子さんが生まれたらまず考えるのが「学資保険」ではないでしょうか?保険会社からもおすすめされることが多く、親御さんの約半数が加入しているという調査結果も出されています。たしかに預貯金よりも受取額が多い等のメリットはあります。しかし「学資保険」は本当に必要でしょうか?他に有効な手段はないのでしょうか?今回はこれについて考えていきましょう。

 

ZUU Onlineの記事によると

「学資保険」に親の半数が加入。預貯金よりも有効か

2015年10月25日

子どもが生まれた時、約半数の人が学資保険に加入したというアンケート結果がある(ミキハウス子育て総研調べ) 。そもそも、「学資保険」というのはどういうもので、本当に有効な手段なのだろうか。今回は、学資保険について解説する。

学資保険とは?

学資保険は、教育にかかるお金を計画的に積み立てると同時に、子どもあるいは親に万が一のことがあった場合には保険給付がなされるという商品である。保険会社によって保障型と貯蓄型、保険料免除の有無など細かい違いがあるが、基本的な仕組みは、生存保険(ある時点で生存していた場合に保険金が支払われる保険)と死亡保険(死亡した場合に保険金が支払われる保険)の組み合わせになっている。以下、一般的な学資保険を例に紹介する。

具体的なイメージとしては、子どもが生まれてすぐに学資保険に加入し、毎月1万5000円の保険料を支払うと、高校進学時に100万円、大学進学時に200万円が支払われるというものだ。

公立と私立では金額は異なるものの、将来教育費が発生することはわかっていることなので、親の責任として早い時点から計画的にお金を準備しておくことは非常に大切なことである。その意味で、学資保険は目的が明確なので計画的に積み立てやすく教育費の確保に適している商品といえる。

全文を読む

 

[コメント]

たしかに教育資金を考える上において学資保険の方が預貯金よりも途中解約しなければ受取額が有利となるため選択肢の一つとしてはありだと思います。

しかしこの途中解約しなければという点が気になる方にとっての代替手段として、解約した場合の元本割れの期間を極力短くするために短期払いの貯蓄型終身保険も選択肢の一つとして検討する手が有用な場合が多いです。

これも合わせてご自身に合ったものをいくつか組み合わせることも含めて選択すれば十分でしょう。

※ お子さんの教育資金準備についての詳細はこちら(学資保険に頼らずに子育て費用(教育資金)を貯金する!)を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!