証券

【特集】日本郵政IPO株上場後の行方

 

 

2015年11月4日、日本郵政グループ3社「日本郵政」・「ゆうちょ銀行」・「かんぽ生命」の上場日を迎えます。公開時の3社合計の時価総額は14兆円超となる見通しで、1987年2月のNTTに次ぐ国内史上2位の大型IPO案件。はたして初値は公募価格を上回るのでしょうか?また上場後の株価の推移はどうなるのでしょうか?

 

日本郵政グループ3社上場とは?

冒頭にもお伝えした通り、時価総額では「日本郵政」・「ゆうちょ銀行」・「かんぽ生命」の3社合計で14兆円超となる見通しで、1987年2月上場のNTTの18兆6732億円に次ぐ国内史上2位。

今回のIPO(新規株式公開)での売出総額では3社合計で約1兆4000億円と、2兆円を超えた1987年2月上場のNTT、1998年10月上場のNTTドコモに次ぐ国内史上3位。

時価総額と売出総額、いずれの比較においても紛れもなく大型IPO案件です。

ちなみに日本郵政グループは下図のようなグループ構成になっています。

スクリーンショット 2015-10-30 14.11.22

出典:https://www.sbisec.co.jp

 

日本郵政グループ3社売出価格(公募価格)決定!

日本郵政グループ3社はともに2015年11月4日に上場します。

10月19日、ゆうちょ銀行(証券コード:7182)の売出価格(公募価格)が1450円(仮条件1250〜1450円)、かんぽ生命(証券コード:7181)の売出価格(公募価格)が2200円(仮条件1900〜2200円)に決定しました。

そして10月26日、日本郵政(証券コード:6178)の売出価格(公募価格)が1400円(仮条件1100〜1400円)に決定し、売出価格(公募価格)は3社ともに仮条件の上限価格となりました。

申込株数単位は3社ともに100株単位ですから、最低購入価格はそれぞれ日本郵政140,000円(=1400円×100株)、ゆうちょ銀行145,000円(=1450円×100株)、かんぽ生命220,000円(=2200円×100株)です。

※ IPO申し込みの際に手数料は発生しません。ただし上場後に売却する場合には証券会社ごとに定められている売買手数料が発生します。

 

日本郵政IPO株は儲かるか?〜過去のニュース記事を振り返る〜

ここでは、本サイト「資産形成.com」で過去に取り上げた日本郵政IPOに関するニュース記事をご紹介いたします。

これをご参考に個人投資家の皆さんは、初値が公募価格を上回るのか、また上場後の株価は上下どちらに動く可能性が高いかについて検討していただければと思います。

 

郵政3社上場 個人投資家にメリットはある!?

スクリーンショット 2015-08-15 0.46.01

 

投稿日:2015年8月15日

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の郵政3社上場。時価総額7〜8兆円程度を見込まれ大規模な新規上場(IPO)案件として注目を集めています。そこで今回は郵政3社がいつ上場するか等の基本情報から個人投資家にとってメリットがあるのかといった郵政3社の上場が市場に与える影響まで余すところなくお伝えしていきます。

詳細はコチラ

 

個人投資家は日本郵政IPO株を購入すべきか?

スクリーンショット 2015-09-10 10.35.56

 

投稿日:2015年9月10日

日本郵政グループ(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命保険)の新規上場株式(IPO)。このIPO案件の個人投資家からの資金調達額が1兆円を超える見通しとなりました。IPOとしては大型案件に違いないですが、はたしてこの日本郵政IPO株を購入することにメリットはあるでしょうか?今回はこの点について考えていきたいと思います。

詳細はコチラ

 

日本郵政IPO株購入にあたって個人投資家が気をつけるべきこととは?

スクリーンショット 2015-09-15 21.09.35

 

投稿日:2015年9月15日

日本郵政グループ(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命)の新規上場株式(IPO)。2015年11月4日の上場に向けて主幹事証券会社、スケジュール、想定売出価格(株価)といった情報が続々と出されています。この大型の新規上場案件に際して証券会社から個人投資家への勧誘が盛んにされることでしょう。そこで今回は日本郵政株を購入することとした場合、個人投資家にとって気をつけるべきことについて考えていきたいと思います。

詳細はコチラ

 

結局日本郵政IPO(新規上場)株って儲かるの?

スクリーンショット 2015-10-14 17.31.35

 

投稿日:2015年10月15日

日本郵政グループ(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命)の新規上場株式(IPO)。2015/11/4の上場に向けて10/8よりブックビルディングが開始されました。全体の約75%超を日本国内の個人投資家に販売する今回の案件。果たして初値は公募価格を上回って個人投資家にとって儲かるものとなるでしょうか?考えていきましょう。

詳細はコチラ

 

上場間近!注目の日本郵政IPO株は長期保有すべき?

スクリーンショット 2015-10-25 11.41.04

 

投稿日:2015年10月25日

上場日(2015/11/4)まで間近と迫ってきた日本郵政グループ(日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命)の新規上場株式(IPO)。10/19にはゆうちょ銀行とかんぽ生命の公募価格(売出価格)が仮条件の上限で決定しています。その中にあって低PBRで割安、高配当が見込まれるとのことから長期保有を勧める声も出ています。これは本当にそういえるでしょうか?考えていきましょう。

詳細はコチラ

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!