ニュースを読み解く

子どもへの金融・金銭(マネー)教育の必要性

 

 

30〜40代の資産形成層の年齢層の中でも、とくに40代の方たちは、自分自身の資産形成とともに、子どもへの金融・金銭(マネー)教育の必要性を感じている方が少なくありません。これは日本に限った話ではなく、たとえばイギリスでは2014年9月に金融・金銭(マネー)教育を学校教育に盛り込んでいます。そこで今回は、家庭と学校、双方での子どもに対する日本の金融・金銭(マネー)教育のあり方について考えていきたいと思います。

 

NewsPicksの記事によると

40代にとって大きな課題
子どもの「マネー教育」どうするべきか

2015/11/19

先週、このコラムで取り上げた30代の資産運用に続いて、今週は日本取引所グループ主催のセミナーで40代向けの資産運用の話をさせていただきました。30代と同様に40代の参加者からもたくさん質問が寄せられてQ&Aに1時間を要するセミナーとなりました。その中でちょっと気になった質問に関して、今回はまとめてみたいと思います。子どもの金銭教育です。

30代と比べて、40代にとっての資産運用で質問が多く寄せられるのは、その年代特有の背景があって、「今から始めても退職準備は間に合うだろうか」「住宅は賃貸のほうがいいのか、買ったほうがいいのか」、そして「子どもの教育資金はどうすればいいか」というものです。

ただ、日本取引所グループ主催の40代向け資産運用セミナーでは、自分の教育資金をどうつくるかではなく、子どもの投資教育に関する質問がありました。珍しいと思う一方で、40代ならではの懸念だとも思いました。「これが正解」と断言できるものはないだろうと思いますが、いくつか感じたことを、自分なりの感想として話しました。

授業料がいくらかを知らない

ちょうどこのセミナーの直前に都内の私立大学で講義をさせていただいた折のエピソードを紹介しました。

私はいつも大学で講義をさせていただくときには2つの質問を必ずさせていただいています。1つは、「大学の授業料を知っているか」、もう1つは「親の年収を知っているか」です。

この2つから大学の授業料はどれくらい負担の大きいもので、将来自分たちが親になったときに直面する大きな課題の一つだということを知ってほしいからです。

全文を読む

 

[コメント]

 

家庭での金銭教育をないがしろにして学校での金銭教育を進めると、結局は、かたちばかりの教育になりかねないのではないか

 

これはたしかにその通りですが、日本の場合、親御さん自体が金融・金銭(マネー)教育を受けておらず、お子さんに家庭で教えることが難しいという方が多いと思いますので、家庭教育については今すぐに期待できるところは少ないかと思います。

もちろん金融・金銭(マネー)教育をお子さんにできるという親御さんはぜひしていただきたいと思いますし、学校教育よりも家庭教育の方がより重要である前提に私自身は立っています。

 

金銭教育は、もっぱら生活実感に基づいたものでなければならないでしょうから、おのずと学校で教えられる範囲は限定されます。家庭での教育との連携が不可欠なところだと考えます。

 

そもそも日本の学校教育が私たちの社会生活と隔絶されていること自体が問題でしょう。

金融・金銭(マネー)教育を大きな枠組みで捉えるに際して、家庭教育は各々のご家庭の教育方針に依拠するわけですから、学校教育こそ学生が生活実感を捉えられるよう授業内容を見直すべきではないでしょうか。

ただ、そうはいってもお子さんのいらっしゃる親御さん達の立場に立てば、学校教育に導入されるのを指をくわえて待っているというわけにはいかないという方が少なくないかと思います。

そういう方の中で、先ほど申し上げたとおり既に金融・金銭(マネー)教育をお子さんにできるという親御さんはぜひしていただきたいと思いますが、まだお子さんに教えるには自分自身の金融リテラシーが心許ないという親御さんはまずご自身で学ばれてはいかがでしょうか?

もし学びたいという親御さんがいらっしゃいましたら、無料で定期開催している「資産形成セミナー」や「投資入門セミナー」がございますので。ぜひお気軽にご受講いただければ幸いです。

※ 日本の金融教育についてはこちら(日本に金融教育が浸透しないのはなぜか?)も合わせて参照のこと。

※ ※ 子どもの教育資金についてはこちら(「学資保険」って本当に必要!?)を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!