デリバティブ取引の基礎

【デリバティブ】先物取引の仕組みをわかりやすく解説!

 

 

デリバティブ取引には、大別すると、「先物取引」・「オプション取引」・「スワップ取引」の3種類あります。この中で皆さんが比較的聞き馴染みがあるのは「先物取引」ではないでしょうか?そこで、今回は、先物取引とは何か、先物取引の仕組みについてわかりやすく解説していきます。資産形成や資産運用する上で直接的に先物取引を行わないまでも、少なくとも知識として身につけておくことは大切です。この点を念頭に置いてしっかり学んでいただければと思います。

 

先物取引とは

先物取引とは、将来のある期日に一定の価格、数量で売買する約束をする取引のことです。

簡単に言ってしまえば、売買の予約をする取引で、とくに取引所で行われる売買の予約をする取引のことを指す場合が多いです。

ちなみに、「先物」は英語で”futures”といいます。

先物の代表的な商品としては、日経平均先物、TOPIX先物、日本国債先物、etc.があります。

 

先物取引の仕組み

上記だけでは先物取引がどういったものかなかなかイメージしづらいかと思います。

そこで、先物取引の仕組みを以下のイメージ図で表してみました。

 

 

スクリーンショット 2015-12-02 13.32.54

 

ここでは、まず、現時点で買い手は「3ヶ月後に指輪を10万円で買う」という契約を売り手と結んでいます。

3ヶ月後、指輪の時価が15万円に値上がりした場合、買い手は売り手から契約通り10万円で購入することができます。

ですから、買い手は差し引き5万円(=15万円-10万円)利益となります。

一方、3ヶ月後、指輪の時価が5万円に値下がりした場合、この時も買い手は売り手から契約通り10万円で購入しなければなりません。

ですから、買い手は差し引き5万円(=10万円-5万円)損失となります。

これが先物取引の仕組み、一連の流れです。

 

先物取引の活用方法

以前の記事(※)でもお伝えしましたが、デリバティブ取引最大のメリットはリスクヘッジにあります。

※ デリバティブとはどういうものかわかりやすく解説!を参照のこと。

リスクヘッジとは、将来の不確定要素を排除することです。

これは、先物取引も例外ではありません。

ここでは、先物取引の活用方法として、先物取引を用いたリスクヘッジをご紹介していきます。

先物取引を用いたリスクヘッジには、買いヘッジ売りヘッジがあります。

一つずつ説明していきましょう。

 

買いヘッジ

将来、購入する予定のある商品の価格が値上がりするおそれのある場合、先物取引で現時点において価格を決めて買う約束をします。

このように、買いヘッジとは、先物取引で購入する価格をあらかじめ確定し、その商品の値上がりリスクをヘッジすることをいいます。

上記の指輪の例はこれにあたります。

その商品の市場価格が、予期した通り購入時点で値上がりしていたとしても、先物取引によって約束した価格で購入できるというメリットが生まれるわけです。

 

売りヘッジ

将来、売却する予定のある商品の価格が値下がりするおそれのある場合、先物取引で現時点において価格を決めて売る約束をします。

このように、売りヘッジとは、先物取引で購入する価格をあらかじめ確定し、その商品の値下がりリスクをヘッジすることをいいます。

先ほどの指輪の例に当てはめると、現時点で、売り手が「3ヶ月後に指輪を10万円で売る」という契約を買い手と結んだとします。

3ヶ月後、指輪の時価が5万円に値下がりした場合、売り手は買い手に契約通り10万円で売却することができます。

その商品の市場価格が、予期した通り売却時点で値下がりしていたとしても、先物取引によって約束した価格で売却できるというメリットが生まれるわけです。

以上のように、先物取引は通常の現物取引のように「買ってから売る」だけでなく、「売ってから買い戻す」こともできるわけです。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!