デリバティブ取引の基礎

【デリバティブ】スワップ取引の仕組みをわかりやすく解説!

 

 

デリバティブ取引には、大別すると、「先物取引」・「オプション取引」・「スワップ取引」の3種類あります。今回は、スワップ取引についてお話します。スワップの意味やスワップ取引とは何か、またスワップ取引の仕組みについてできる限りわかりやすく解説していきます。資産形成や資産運用をする際、直接スワップ取引をする機会はほとんどないかもしれませんが、少なくとも知識を身につけておくことは、選択肢を広げる意味で大切です。この点を念頭に置いてしっかり学んでいきましょう。

 

スワップの意味。スワップ取引とは?

スワップとは、英語で”swap”と表し、日本語では「交換」を意味しています。

これが転じて、金融のデリバティブ取引における「スワップ取引」とは、等しい価値のキャッシュ・フロー(※)を交換する取引のことです。

※ キャッシュ・フローとは、お金の流れのこと。

スワップの代表的な商品としては、金利スワップ、通貨スワップ、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)、etc.があります。

上記のうち金利スワップ通貨スワップはよく対比されます。

金利スワップとは、同じ通貨の異なる種類の金利を交換する取引のことを指します。

一方で、通貨スワップとは、異なる通貨の異なる種類の金利を交換する取引のことを指します。

 

スワップ取引の仕組み

スワップ取引の仕組みをイメージ図にすると以下のとおりになります。

ここでは「金利スワップ」を例にとっています。

 

スクリーンショット 2016-01-06 16.19.12

 

ここでは、AさんとBさんがそれぞれ銀行に元本1,000万円、期間5年の借入金を持っているとしましょう。

元本と期間は同様ですが、Aさんは固定金利、Bさんは期間1年の変動金利で借りています。

ただ、Aさんは「今後金利が下がる可能性があるかもしれないから変動金利のほうがいい」、一方でBさんは「今後金利が上がると困るから固定金利のほうがいい」と思っています。

そこで、AさんとBさんの元本と期間が同一であることを利用して、<BさんがAさんに固定金利を支払う>、その一方で<AさんがBさんに変動金利を支払う>ようにします。

このようにすることでAさんとBさん両者の希望を叶えることが可能になります。

このようにAさんの固定金利とBさんの変動金利を交換することを金利スワップというわけです。

この金利スワップでは両者ともに5年間の返済を終えるまで変動金利がどう上下するかしないかというのがわかりませんので、最終的にAさんとBさんのどちらが得(金利負担が少ない)かというのは返済を終えるまでわかりません。

簡単にではありますが、ここまでがスワップ取引の基礎となる部分です。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!