ニュースを読み解く

【資産形成】2016年、お金を増やす方法「投資」について考える

 

 

資産形成方法の3つの基本ステップ(※1)の一つである「投資」は簡単に言ってしまえば”お金を増やす方法”です。これは既に資産を保有されている方のための資産運用(※2)でも同様です。さて2016年から本格的に資産形成や資産運用のために投資をお考えの方はどのようにすれば良いのでしょうか?今回はお金のプロへの相談も合わせてその方法を考えていきます。

 

NewsPicksの記事によると

2016年版、「お金の増やし方」(山崎元)

NewsPicks編集部 2016/01/08

2016年の運用で考えておきたい4つの事情

・長期金利も含めて、超低金利であること。

・米国の利上げが始まった後であること。

・2017年の消費税率引き上げが延期される可能性。

・「五輪前」のブームをどれだけ信じるか?

新年のごあいさつ

NewsPicks読者の皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、年頭に当たり、筆者には残念ながらお年玉を読者全員に配るほどの財力がないので、代わりに、2016年版のお金の増やし方について、書いてみようと思います。

運用される金額は、人によってさまざまでしょうが、だいたい数百万円から数億円くらいまでは、こんな感じでいいだろう、という(1)考え方と(2)方法(この順番は大切です)を書こうと思います。

率直に言って、お金の運用が趣味でも仕事でもない方は、考え方のポイントを押さえて、シンプルな簡便法でお金を増やすことを目指しつつ、(1)何をして稼ぐか、(2)異時点間の支出をどう配分するか(いくら使って、いくらためるか)、そして何よりも(3)どうやって気持ち良くお金を使うか、について考えることが生産的な人生を送る近道だと思います。

運用には、ほどほどの関心を持っていただけたら十分です。

時々のお金の運用には、変わらない原則と、その時々で考慮すべき事柄の、2種類のポイントがあります。今回は、「運用の不変の原則」と「2016年の事情」を、それぞれ4つ挙げて、その後に「お金の運用の簡便法」を書きます。

全文を読む

 

[コメント]

「運用簡便法」、”(A)国内株式インデックス・ファンド、(B)外国株式インデックス・ファンド、(C)個人向け国債(変動金利10年満期型)の3つ”で”(A)と(B)をおおむね4:6に組み合わせてこれを「リスク資産」”、”残りを、「無リスク資産」として、当面使わないお金を個人向け国債(変動金利10年満期型)、使うかもしれないお金を普通預金かMRFにしておけば、それでOK”というのは一つの手としてありだと思います。

とはいえ、資産形成でこれを行う場合、積立投資(※3)で行うのか、あるいは投資タイミング(※4)を計って行うのか等検討する余地はあります。

また、”お金の運用について、「相談する相手」と「金融商品を購入する(かもしれない)相手」は別々の相手にすることが肝心”というのは一面的にそうと言える場合が多いのはたしかですが、すべての場合でそう言い切れるわけではないのではないでしょうか。

もちろん、これは金融機関の担当者の倫理観に委ねられるところが大きいわけですが。

※1 資産形成の方法 3つの基本 稼ぐ・節約・投資【まとめ】を参照のこと。

※2 なぜ!?資産形成と資産運用を分ける意味とは?を参照のこと。

※3 積立投資の代表格「ドルコスト平均法」のメリットと弱点を参照のこと。

※4 【資産形成】「長期投資派」vs「タイミング重視派」を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!