ニュースを読み解く

荒れる2016年の株式相場〜日経平均株価、今後の見通し〜

 

 

資産形成や資産運用で株式投資をしている方にとって2016年の相場は波乱の幕開けとなりました。1月4日の大発会から6営業日連続で日経平均株価終値が下落で推移するのは史上初。ただ、ここにきて下げ止まりも見えてきたような声もちらほら聞こえてきています。そこで今回は目先の日経平均株価見通しについて考えていきたいと思います。

 

NewsPicks編集部の記事によると

広木隆のストラテジーレポート
二番煎じ 節分天井・彼岸底〜相場はいつか下げ止まる〜

2016/1/25

「底なし沼と普通の沼はどう違う?」「底がないか、あるかですか?」「底がない沼なんてない。ようは人間の幻想の有無なんだ」(森博嗣「誌的私的ジャック」)

底なしのように思われた株式相場の下落にも、ようやく歯止めがかかった。下げ止まらない相場を前にすると、「底割れする」とか「底が抜ける」という表現がメディアに踊るが、相場の底が抜けることなんてない。明けない夜がないのと同じで、相場はいつか下げ止まる。夜明け前がいちばん暗いのと同じで、下げ止まる直前は陰の極、市場のセンチメントがもっとも暗い時だ。

冒頭に引いた森博嗣の文章は、昨年まで連載していたコラム「新潮流」で一度使ったものだ(第230回「ヘッジファンドの決算を巡る通説」)。使い回し、つまり「二番煎じ」である。「二番煎じ」とは、一度煎じたものを使って、もう一度煎じ出した薬または茶。転じて、前のくり返しで新味のないものの喩えである。

昨年夏のチャイナショックの再来と言われる年初からのこの世界株安も、二番煎じである。中国不安、原油安、米国利上げ - 同じ材料で同じように売られている。チャイナショックでは日経平均は2万1000円の手前から1万7000円割れまで約4000円下げた。今回は昨年12月の戻り高値2万円から1万6000円まで同じく4000円幅の調整だ。戻りに転じるきっかけも、ECBによる追加緩和期待の台頭というところまで同じである。

所詮、「二番煎じ」なのだから、新味に乏しく、よって怖くない。前回のレポートで指摘した通り、「恐怖指数」と言われるボラティリティ指数が上昇していない。さすがに日経VIは40越えまで上昇したが、それでも昨年8月の水準を超えていない。日経VIが47という高水準に急騰した昨年8月25日の日経平均は1万7800円。株価はその時より1800円も下げたにもかかわらず、である。

全文を読む

 

[コメント]

 

「二番煎じの相場」であるということを念頭において、もう一度、二番底を探りにいく展開をメインシナリオとしたい

 

妥当な線でしょう。

ただ、ここでの戻り高値が”1万7000円台半ばまでの戻りが精いっぱいで1万8000円回復にはまだ時間を要する”かどうかについては、そうとも考えられますが、一方で少し強気に見れば18,000円台に乗せる可能性もあり得ない水準ではないかと思います。

というのは、昨年末の戻り高値20,012.40円、直近安値16,017.26円からすると、18,000円は半値戻しに当たるので。

とはいえ、”戻り相場は短命に終わるだろう”というのは同意。

その後の底打ちがどこになるかですが、14,000円台後半で止まれば御の字かもしれませんね。

ちなみに昨年末終値(2015/12/30 19,033.71円)から2割下が15,226.97円、昨年来高値(2015/6/24 20,952.71円)から3割下が14,666.90円となっています。

当面「申酉騒ぐ」(※)相場は続きそうですね。

※ 干支の相場格言から読み解く2016年の日経平均株価を参照のこと。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!