ニュースを読み解く

円安株高に!?日本のマイナス金利政策導入の影響とは?

 

 

2016年1月29日、日銀は金融政策決定会合にて”マイナス金利政策”の導入を発表しました。ただ、いきなりこのような発表がなされたからといって、皆さんからすると「マイナス金利政策って何?」「なぜ導入したの?」「何か私たちに関係あって影響があるの?」と疑問だらけかと思います。そこで今回はこのマイナス金利政策についてできるだけわかりやすくお話していきます。

 

NewsPicks編集部の記事によると

週末特別企画・マイナス金利入門
【野﨑浩成】日銀はなぜ「マイナス金利政策」の導入を決めたのか

2016/1/30

日本銀行が「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を発表し、金融界ばかりでなく世間的にも衝撃が走っています。

金融市場を見ている皆さんは、すでに欧州中央銀行をはじめとするマイナス金利政策に馴染んでおり、ターミノロジー的なショックはなかったと思いますが、お茶の間では頭の上にクエスチョンマークが浮かんでいる状況かと思います。

そこで、週末特別企画として、マイナス金利入門を寄稿します。

マイナス金利とはそもそも何か

正常な状態では資金の貸し手が借り手から利息を受け取ることになりますが、マイナス金利の下では貸し手が借り手に利息を支払うことになります。イメージ的には、お金を保管してもらうための手数料のような感じです。

ニュースなどでは、今回の金融政策の詳細をあまりきちんと説明していないので、具体的に日銀が何をマイナスにするかを簡単に解説しましょう。

これまでは、銀行が日銀の当座預金にお金を預けると0.10%の利息を獲得できていました。今回の政策変更後も、従来から預けている当座預金残高(正確には年間平均残高)については引き続き0.10%の利息が付けられます。

一方で、「マクロ加算額」と名づけられた残高には利息が付与されません。そして、これらを上回る資金が日銀の当座預金に加わったときに、初めてマイナス金利0.10%の対象となります。

このため、銀行が現在日銀当座預金で抱えている資金に丸々マイナス金利の負担がかかるわけではない点を押さえておくべきでしょう。

全文を読む

 

[コメント]

 

こうした市場心理あるいは社会心理への影響以上のものを期待することは難しいでしょう。こうしたセンチメントが産業界の先行きの見通しをも明るくすれば、再び資金がうまく回り出す可能性もありますが、これは金融政策で十分条件を充足させることは無理があります。

 

たしかに今回のマイナス金利導入は市場心理に対しては昨日の市場の反応を見ても一定の効果は見込めるかと思います。

為替は円安ドル高へ、株価は金利低下で恩恵を受ける不動産株を中心に上昇する可能性が高いでしょう。

ただ実体経済にどの程度波及するかというと限定的、ないしはほとんど効果はないと思います。

結局金融政策がダメなのではなくて、金融政策のみで何とかしようとすることに無理が生じているということでしょう。

有効需要に直接働きかける経済政策としては財政出動にまだ少なからず余地があるのですから、車の両輪と考えてこれも合わせて行うべきかと思います。

あとはマイナスの財政効果を生じさせる消費税率引き上げを凍結するのは言わずもがなかと。

注意すべきはマイナス金利導入で収益が圧迫することが必定である銀行は手数料ビジネスに傾斜せざるをえなくなります。

おそらく投信や仕組債、保険といった高収益の金融商品にこれまで以上に注力するはずですから、罷り間違って箸にも棒にもかからない金融商品を掴まされないよう警戒しておくほうが良いかと思います。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!