ニュースを読み解く

日本は欧州(EU)のマイナス金利政策から学ぶべきか?

 

 

2016年1月29日に導入が決定され2月16日から正式に導入された日銀のマイナス金利政策。これによって日本経済が受ける影響は様々言われています。そこで今注目されているのが日本に先行してマイナス金利政策を導入した欧州(EU)です。今回は欧州(EU)のマイナス金利政策のメリットとデメリットを取り上げつつ、そもそも日本は欧州(EU)から学ぶべきかどうかについて考えていきたいと思います。

 

Diamond Onlineの記事によると

DOL特別レポート
欧州で見た、マイナス金利の効果と副作用の実態

岸田英樹 [野村證券 シニアエコノミスト] 2016年2月19日

マイナス金利導入で先行した欧州
当初は経済にプラスの効果があった

筆者は毎年1~3月期に取材をしているが、2016年においては、日本銀行がいわゆるマイナス金利政策を発表した1月29日にドイツでちょうどECB(欧州中央銀行)の関係者と話していた。

彼らは、日本銀行のマイナス金利政策をソフトな内容と判断している。なぜなら現在、市中銀行がECBに積み上げている資金のほとんどにマイナス金利を課されるのに対して、日本銀行は、市中銀行が日本銀行に積む資金のごく一部にマイナス金利を適用するに過ぎないからだ。ドイツの銀行を中心にユーロ圏の銀行は全体として、ECBに利息を払って資金を預けているが、日本の市中銀行は引き続き日銀から利息を受け取ることが可能である。ECB高官の眼には、日本銀行の対応は市中銀行にとって比較的穏当と映る。

ユーロ圏、スウェーデン、スイスなどの欧州諸国では、2014年以降、政策金利の一部がマイナスとなっている。これらの国・地域がマイナス金利政策を導入した主な狙いとして、通貨安があることは確かだ。

ECBは原油価格の下落、中国経済の減速などに伴い、2年程度先のインフレ率が目標の2%弱に達しない可能性が高いと判断。ユーロの下落を通じて輸出増とインフレ率の押上げを図るべく、14年6月以降、政策金利の一部をマイナスとした。

このECBの金融緩和のあおりを受けたのが非ユーロ圏のスウェーデン、スイスである。ユーロの下落で自国通貨の上昇に見舞われた両国の中銀は、景気やインフレ率の下振れ懸念を後退させるべく、それぞれ14年7月、12月以降、政策金利の一部をマイナスとしている。

全文を読む

 

[コメント]

欧州(EU)のマイナス金利政策の事例研究としては興味深いです。

ただ、これを日本の先行事例として見るのはほとんど意味がないと思います。

マイナス金利という一点以外の条件が違いすぎるので。

たとえば金融政策一つとっても、欧州(EU)がマイナス金利政策導入後に量的緩和を実施しているのに対し、日本は量的質的緩和実施後にマイナス金利政策導入に踏み切っています。

また、財政金融政策の観点で見ると、欧州(EU)は財政は欧州(EU)各国ごと・金融はECB一元化、日本は財政・金融ともに一元化(国内においては日銀の独立性についての議論はありますが)という違いがあります。

また、時系列上で見ても、欧州(EU)は欧州債務危機があって不良債権処理という課題があるのに対し、日本の金融機関には現状で不良債権問題は発生していないことも大きいです。

これら以外にも様々あるでしょうが、最近、日欧がマイナス金利政策を導入していることで単純比較されがちなのに違和感があったので、この点は指摘しておきたいと思います。

日本のマイナス金利政策についてはこちら(円安株高に!?日本のマイナス金利政策導入の影響とは?)をご参照ください。

 

【コメントした人】

IMG_0417

L!NX(リンクス)株式会社専務取締役/資産形成.com運営責任者 鈴木優一(プロフィール

「資産形成.com運営責任者の鈴木です。ここでは、経済・金融関連のニュースを私の所感を含めて取り上げさせていただきます。その他のニュースについてはNewsPicksでコメントしておりますので、そちらもご覧いただければ幸いです」

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!