株式投資の基礎

東証株価指数(TOPIX)とは〜NT倍率〜海外の株価指数

 

 

日経平均株価以外にも日本国内の代表的な株価指数として東証株価指数(TOPIX)があります。この東証株価指数(TOPIX)とはどういうものか、日経平均株価との違い、日経平均株価とTOPIXを利用したNT倍率とは何かについてお話していきます。また海外の株価指数についてその代表的なものをご紹介致します。

 

東証株価指数(TOPIX)とは?

株価指数の「指数」とは、統計で株価・物価・賃金・生産高など同種のものの時間的変動を示す数値のことをいいます。

それでは「日経平均株価」以外の日本国内の代表的な株価指数をご紹介しましょう。

羅列すると以下のとおりになります。

東証株価指数(TOPIX)

JPX日経インデックス400

日経ジャスダック平均株価

東証マザーズ指数

この他にも業種ごとの指数や、市場ごとの指数など細かく見ていけば様々なものがあります。

これらの株価指数は日本の株式市場の中でどこにお金が流れているか等を調べるのに大変参考になります。

東証一部上場の株式全銘柄を対象として算出している株価指数です。東京証券取引所が1秒ごとに、算出・公表しています。

算出方法としては、1968年1月4日の時価総額(当初数値は8兆6020億5695万1154円)を100として、経済・市況によらない時価総額の変動要因(新規上場・上場廃止・増減資・企業分割・etc.)を修正し、指数化しています。

※ここでいう時価総額は浮動株のみを対象。この浮動株とは発行されている株式の中で、安定した株主に保有されておらず、市場に流通する可能性の高い株式のこと。

ちなみに四季報やインターネットに掲載されている時価総額は発行されているすべての株式数に株価を掛け合わせたものになりますので注意が必要です。

また東証株価指数はTOPIX(「トピックス」と読みます)と呼ばれることが多いですが、これは「Tokyo Stock Price Index」の頭文字を取ってつなぎ合わせたものです。

このTOPIXは日経平均株価と比べ、東証一部上場の全銘柄を採用していることから、特定の業種、特定の会社の株価の動きに左右されづらいという利点があります。

ただ浮動株の時価総額がベースになりますので、この浮動株時価総額の大きい会社の株価の動きにある程度影響を受けやすいとはいえます。

ここからいえるのは、日経平均株価が株価の大きい銘柄の影響を受けやすいのに対し、TOPIXは上場株式数の多い大型の銘柄の影響を受けやすいということです。

この両者の特徴の違いを捉えて株式投資に生かす方法があります。

 

NT倍率とは?

NT倍率の「N」は日経平均株価(Nikkei225)、「T」は東証株価指数(TOPIX)を表しています。

これはどのようなものかご存知でしょうか?

知らないという方も多いかもしれませんが、実はすごく単純なものです。

日経平均株価 ÷ 東証株価指数(TOPIX)で算出したもの(指標)です。

たとえば先週末(2015年3月20日)現在の日経平均株価(終値)は19,560.22円 、東証株価指数(終値)は1,580.51ポイントでした。

この時のNT倍率は19,560.22(円)÷1,580.51(ポイント)=12.38倍(小数点第2位以下四捨五入)となります。

 

NT倍率はどのように役立つか!?

ではどういう場合に役立つ指標かというと、日本国内の株式市場全体の動向(どこの業種・会社にお金が向かっているかの全体の状況)を把握する際に役立つものです。

日経平均株価の場合、「単純平均株価」のため、株価水準の高い銘柄(これを「値がさ株」といいます)に影響を受けやすいという特徴があります。

これはたとえば株価が300円の銘柄よりも30,000円の銘柄のほうが影響が大きいということですね。

一方、東証株価指数(TOPIX)の場合、東証一部の全銘柄を対象にした銘柄ごとの「時価総額(株価×発行済浮動株式総数)」による株価指数であるため、時価総額が大きい銘柄(これを「大型株」といいます)の影響を受けやすいという特徴があります。

さて、これを踏まえた上で、NT倍率が上昇している時と下落している時でそれぞれどのようなことがいえるか見ていきましょう。

<NT倍率が上昇している時>

→ 「日経平均株価の上昇率が東証株価指数(TOPIX)の上昇率を上回っている」もしくは「東証株価指数(TOPIX)の下落率が日経平均株価の下落率を上回っている」

→ お金が値がさ株に集まる傾向が強い

<NT倍率が下落している時>

→ 「東証株価指数(TOPIX)の上昇率が日経平均株価の上昇率を上回っている」もしくは「日経平均株価の下落率が東証株価指数(TOIPIX)の下落率を上回っている」

→ お金が大型株に集まる傾向が強い

上記のようにいえます。

割と単純でわかりやすいお話ではないかと思います。

それでは最近の日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)によって算出されたNT倍率は国内の株式市場全体の動向をどのように表しているでしょうか。

以下のチャートをご覧ください。

NT倍率チャートはこちら(出典:MarketNewsline)
※チャートは月足で、期間を10年においています。

チャートをご覧いただくとNT倍率はこの10年で10倍割れしていた局面から直近では12倍台へと右肩上がりに上昇しているのが見て取れるでしょう。

要するにここ最近の国内全体の株式市場はお金が値がさ株に集まる傾向が強いということですね。

現実的にはこのNT倍率を見て投資するという方はあまり多くないでしょう。

ただ上記のように国内の株式市場の全体感を確認する時に簡単に見れて便利ではあるので参考にしていただければと思います。

 

海外の株価指数

国内の株価指数は代表的な日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)をはじめ、JPX日経インデックス、日経ジャスダック平均株価、東証マザーズ指数、etc.と色々ありました。

それでは海外ではどうでしょうか?

ここでは海外の株価指数を全て紹介・・・は無理なので、代表的なものをご紹介していきましょう。

まずは以下に海外の代表的な株価指数(日本除く)を列挙しておきますのでご覧ください。

<アジア太平洋>

中国  上海総合指数

香港  ハンセン指数

インド S&P・BSEセンセックス

<北・中南米地域>

米国   NYダウ工業株30種

米国   S&P500種

ブラジル ボベスパ指数

<欧州・アフリカ・中東>

EU    ユーロ・ストックス50指数

英国   FTSE100指数

ドイツ  DAX指数

フランス CAC40指数

ロシア  RTS指数

もちろん上記以外にも様々あります。

ご興味のある方はこちら(Bloomberg – 世界の株価指数一覧)を参照してみてください。

ここで日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)の算出方法を思い出してみてください。

一言でいってしまうと日経平均株価が「株価の単純平均」東証株価指数(TOPIX)が「時価総額の加重平均」でしたね。

それではここで一つ問題です。

上記で羅列した海外の代表的な株価指数の中で日経平均株価と同じように「株価の単純平均」で表しているものはいくつあるでしょう?

答えは・・・

一つです。

米国の「NYダウ工業株30種」だけなんです。

日経平均株価とNYダウ工業株30種が算出方法が一致するのは実は当たり前の話で、日経平均株価はNYダウ工業株30種を算出している経済ニュース通信社のダウ・ジョーンズと日本経済新聞社が提携して算出していたという過去の歴史があります。

言い換えると、このNYダウ工業株30種以外は東証株価指数(TOPIX)と同様に「時価総額の加重平均」を算出した株価指数なんですね。

要するに日経平均株価は日本国内ではもっとも名が知れていて代表的な株価指数ではありますが、世界的には一般的な算出方法ではない株価指数というわけです。

こんなところにも「日本の常識は世界の非常識」があったりします。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!