保険

【保険相談】生命保険見直しのポイント

 

 

保険相談をいただくに際して多くの方が新規に加入を検討するよりも既に加入している保険を見直したいというご要望をお持ちです。そこで今回は生命保険の見直しのポイントについてお話していきます。とくに見直すにあたって解約か継続かの二者択一で考えることの誤りを正した上で適切な方法についてお伝えします。

 

生命保険の見直しには解約が必須!?相談前から方法を限定するのは誤り?

生命保険を見直す際、現在既に加入している生命保険は必ず解約しなければならないのでしょうか?

生命保険は年齢が若いうちに加入した方が有利な場合が多いのは事実です。

しかし、生命保険の種類を間違えて加入してしまったり、組み方を間違えてしまったり、自分に合うもっと良い保険があることに加入後に数年経って気がついてしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

 

1.  解約するともったいないから残念だけど今の保険を継続する

2. より良いプランになるなら断腸の思いで決断し新しい保険に切り替える

 

多く方が上記2パターンのどちらにしようかと迷っているはずです。

もったいないから今の保険を継続するというのも一つの選択肢として良いと思います。

しかし、実際には限られた収入の中から頑張って保険料を捻出しているわけで、自分には合わないとわかってしまった生命保険に以後何十年もの間、場合によってはトータルで1000万円にもなる保険料を支払っていくのは精神的にキツイものでしょう。

かといって、より良い自分に合った保険やプランがあったからといって、すぐに解約して次の保険に切り替えることをすんなりと決断できる方も少ないはずです。

生命保険を見直す際には、現在既に加入している保険に関しては、「継続する」か「解約する」かの2つの道しかないのでしょうか?

「月々の保険料の支払い金額は現在と変えずに、今入っている保険を生かしつつ、より良いプランにも新しく加入する。」というような、自分にとって都合が良すぎることはできないものなのでしょうか?

生命保険の見直しを相談する際に陥りがちな誤りは、相談前から見直し方法を先入観で限定してしまうことです。

今回はこの「相談前から見直し方法を先入観で限定してしまうこと」が誤りであることだけは押さえておいてくださいね。

それではその「継続する」か「解約する」か以外の見直し方法とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

生命保険の2つの解約方法「全部解約」と「部分解約」

まず、生命保険の見直しを考える際に一番ネックになるのは、「若くして加入した保険を解約するともったいない」というところだと思います。

貯蓄型の生命保険であれば、保険料の支払い込み期間の途中で解約してしまうと今までに支払った保険料よりも戻ってくる解約返戻金が少なくなってしまうことが多いですから、誰しもが「もったいない」と思うはずです。

生命保険の見直しを考えるなら、まずは「解約」をしっかりと理解するところから始めましょう。

冒頭でもお伝えしたように、解約には「全部解約」と「部分解約」の2つの方法があります。

以下に一つずつ説明していきます。

 

全部解約

全部解約は文字通り保険を全て解約して保険契約を消滅させてしまうことをいいます。

みなさんが思っている「解約」のイメージ通りといっても良いかもしれません。

貯蓄型の保険の全部解約の場合、「今月以後は保険料を支払わないし、今までに貯まったお金(=解約返戻金)を全部返してください。以後の保障も無くなって構いません」というのが貯蓄型の保険の全部解約です。

掛け捨て型の保険の全部解約の場合は簡単です。「今月以後は保険料を支払わないので、保障も無くなって構いません。」というのが掛け捨て型の保険の全部解約です。

 

部分解約

部分解約は、保険を部分的に解約する方法です。

例えば、今の保険を20%だけ解約するとか、半分だけ解約するといった手法が部分解約です。

具体的には、1000万円の死亡保障金が出る保険に加入していたとして、20%部分解約をするということは、部分解約以後は800万円の死亡保障金の保険になるということです。

仮に、支払っている月々の保険料が1万円だった場合には20%部分解約をした翌月からは月額約8000円の保険料になるというイメージです。

そして、もし貯蓄型の生命保険を20%部分解約した場合には、現在貯まっている解約返戻金の20%が解約扱いとなり、戻ってくるということです。

つまり、100万円の解約返戻金が貯まっているとすると、20万円が戻ってきて残りが80万円になるということです。

 

部分解約が生命保険見直しの決め手!?

ここまでの説明でお分かりいただけたかと思いますが、2つの解約方法「全部解約」と「部分解約」の違いをまとめると以下のとおりになります。

全部解約は保険契約自体が全て消滅しますが、部分解約の場合は残った部分の保険契約はそれ以後も有効に継続されるという点が大きく異なるということです。

ここで、「なるほど。なるほど。わかったぞ!現在の保険を有効活用するってのは部分解約のことだったんだな。」と思ったあなた。

まだ結論を出すのは先の話ですよ。

部分解約が生命保険見直しの決め手ではありません。

たしかに部分解約も保険の見直しを考えている場合には知っておいていただきたい知識の一つであることは事実です。

ただ生命保険を見直す際には解約ではない別の方法があるということです。

 

解約以外の生命保険見直し方法「払い済み」とは?

払い済みとは来月以降の保険料の支払いを止めるという手続き方法のことです。

保険料の支払いは止めますが「解約」ではないので、保障を残しつつ頑張って貯めてきたお金(解約返戻金)の運用は来月以降も継続させることができるというメリットがあります。

「来月以後はもう保険料を支払いません。

でも今月までに貯めたお金(解約返戻金)はすぐには返してくれなくて良いので運用を継続してこれからもっと増やしてください。」という要望を保険会社へ出すようなイメージです。

「保険料の支払いは止めたいけど、運用はこれからも継続させたい」という時に用いる方法ですので、保険の見直しをする際には非常に便利な手続きの一つです。

 

生命保険見直しのポイント「払い済み」のデメリットは?

では、払い済みのデメリットはなにかというと、払い済みをする時期によって元々の保障内容よりも小さくなってしまうという点です。

ここは詳細なご説明が必要と思いますので、具体例を見ていきましょう。

30歳から60歳までの約30年間保険料を支払う死亡保険金額3000万円の貯蓄型の終身保険を例に解説します。

30歳の時に上記の保険を契約して10年が経ち、現在40歳になったタイミングで払い済みの手続きをしたとします。

もともとは30年間保険料を支払う約束でしたが、結果的には10年間しか保険料を支払わなかったわけですから、全体の3分の1の期間だけ保険料を支払ったことになります。

保険料を支払う期間が3分の1、つまり最初に支払うと決めた当初の保険料総額の3分の1しか支払わないことになりますので、死亡保険金も3000万円という条件から3分の1に縮小されて、1000万円の死亡保険金の保険になるというイメージです(厳密には3分の1を少し下回りますので900万円前後になる場合が多いでしょう)。

ただ、 保障金額は小さくなってしまいますが、それでも今まで頑張って貯めてきたお金(解約返戻金)は今後も継続して運用をすることができます。

上記の具体例なら、30歳から40歳までの10年間、毎月頑張って貯めてきたお金は今後も運用が継続されるわけですから、努力が無駄にならずに済むということです。

 

生命保険の見直しと考えた場合、現在の保険契約を単純に解約してしまうのではなく、今までの努力を無駄にしない「払い済み」という選択肢も取り入れることによって、ご自身にとって一番良い見直しのプランになる可能性が増えていきます。

 

具体的な相談事例から知る!生命保険見直しのポイント「払い済み」活用法

そもそも払い済みはこんな時に使いたいという代表例を以下に挙げてみます。

 

1. 数年前に貯蓄型の生命保険を契約した当初は「頑張って貯金しよう!」と固く決意はしたものの、支払い保険料が毎月ドンドン上がってしまって当初の予定の5倍の月額保険料になってしまった。

2. 自分に合う仕事を求めて転職したけど、以前の仕事より年収が下がってしまって保険料を支払っていくのが厳しくなりそうだ。

3. これからは保険ではなく、証券や不動産への投資を始めようと考えていて、月額保険料を下げたい。

 

特に私の経験則では1のケースのご相談を受けることが多いので、今回は1のケースを詳細にお話していきます。

1はほとんどの場合でアメリカドル建ての貯蓄型の保険を60歳もしくは65歳を支払い期限に設定して加入したというケースです。

2010年頃は円高ドル安の時期だったので、1ドル=80円前後の水準でアメリカドル建ての貯蓄型の生命保険が良く売れていました。

ドル建ての保険は積立利率が日本の円建て保険よりも高く、ドルベースでは高金利を味方に長い時間をかけて貯蓄をしていくことができる魅力的な保険です。

しかし、ドル建ての保険を20〜30年間も長期的に保険料を支払っていくというプランで加入することはあまりお勧めできません。

理由は簡単です。

ドル建て生命保険は円高や円安という為替レートの影響を受けるため、毎月の支払い保険料が一定にならないので、継続して何十年も支払っていくのが難しいのです。

私たちはこれを「支払い込み継続リスク」と呼んでいます。

※ 支払い期限を全うできない恐れが高いという意味です。

最初に契約した時には月々300ドルの保険料で、為替が1ドル=80円だったから月額保険料は24,000円だったけど、現在2015年8月では1ドル=120円を超える円安となってしまったので月額保険料が36,000円も支払わなくてはならなくなったというケースが該当します。

「あっ、それ私のことだ・・・」と思ったあなた!

ぜひ定期開催の無料セミナーや無料の個別相談にお越しください。

 円建ての貯蓄型生命保険(終身保険や養老保険等)は支払い期限の満了もしくは満了間近になるまでは、途中で解約してしまうと基本的に損をするようになっています。

これは部分解約でも同じです。

部分解約の分だけ損をするのです。

仮に30歳の時に保険に加入して60歳もしくは65歳までの支払い期限を設定した円建ての生命保険に加入した場合は60歳もしくは65歳になるまでは、いつ解約しても損になることが多いです。

理由は、円建ての貯蓄型生命保険は支払い期限の満了もしくは満了間近になるまでは解約返戻金が支払い保険料を上回らないというルールがあるからです。

※ 日本が低金利時代になってからの貯蓄型の保険にはほぼこのルールが当てはまります。

一方、アメリカドル建ての貯蓄型生命保険の場合は、先に述べたように円建ての保険よりも積立利率が高いので、30歳の時に60歳もしくは65歳までの支払い期限を設定したとすると、契約したタイミングの金利水準にもよりますが円建て保険よりは早いタイミングの45歳〜55歳くらいになるまではドルベースでいつ解約しても損という状態になることが多いです。

つまり、30歳で契約したとすると15年〜25年くらいは最低でも保険料を支払い続けないとならないわけです。

為替レートが圧倒的な円安に進んだ場合は、ドルベースで損をしても円ベースで損をしなかったということもあるでしょうが、それではご自身の資産形成を天運に任せすぎです。

ここまででお分かりいただけたと思いますが、このようなアメリカドル建ての貯蓄型生命保険で、為替が円安になり毎月の保険料の支払いが非常に苦しくなってきたのに今後10年も20年も保険料を支払っていかなければならないというケースでは、「以後の保険料の支払いは止めるけれども、積立利率が高いということを利用して貯めたお金(解約返戻金)を今後も運用して増やし続ける」という「払い済み」が大活躍するわけです。

 

生命保険の見直しをしようと思っている方は、ぜひ全部解約・部分解約といった解約による方法とともに、「払い済み」という選択肢もあるんだということを知っておいてください。

そして、払い済みという選択肢があるからこそ、保険の見直しに消極的にならないで良いと考えていただければと思います。

弊社L!NX(リンクス)株式会社では、保険の見直し相談を行っておりますし、資産形成と資産運用の個別相談も随時承っております。

保険の見直しをするほどではないけど、ご自身の保険がどういったものなのか知りたいという方もぜひ気軽にお問い合わせください。

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!