セミナー情報

金融庁の「貯蓄から資産形成へ」を掛け声倒れにしてはならない

 

 

2016年9月15日、金融庁は「平成27事務年度 金融レポート」を公表しました。このレポートの中で最も紙幅を割かれているのが「貯蓄から資産形成へ」の項目(※)です。これは20代、30代、40代の皆さんに対しても投資などによる自助努力での資産形成を促す内容となっています。そこで今回は改めて資産形成の重要性をお伝えしていきます。

※ 「平成27事務年度 金融レポート」Ⅱ.金融行政の重点施策に関する進捗・評価2.活力ある資本市場と安定的な資産形成の実現、市場の公正性・透明性の確保⑴国民の安定的な資産形成の促進:「貯蓄から資産形成へ」(p.44〜70)

 

金融庁の「平成27事務年度 金融レポート」を読む
「貯蓄から資産形成へ」はなぜ重要なのか?

ここでは冒頭でお話した金融庁の「平成27事務年度 金融レポート」(以下、本レポート)の中で最も紙幅を割かれている「貯蓄から資産形成へ」の項目の内容に触れながら資産形成の重要性について説明していきます。

本レポートでは日米英各国の家計金融資産がどのように構成されているかを以下のように提示しています。

 

日米英各国の家計金融資産の構成比

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-15-08-15

出典:金融庁「平成27事務年度 金融レポート」p.46 図表Ⅱ-2-⑴-4 各国の家計金融資産構成比

 

上図をご覧いただくと日本は米国や英国に比べ家計金融資産全体に占める現預金の割合が極めて大きいことが一目瞭然でお分かりいただけるかと思います。

これは裏を返すと日本は以下のように米国や英国と比較して家計金融資産全体にしめる株式・投資信託等の割合が極めて小さいことを表しています。

 

日米英各国の株式・投資信託等の投資比率

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-15-08-28

出典:金融庁「平成27事務年度 金融レポート」p.46 図表Ⅱ-2-⑴-5 各国の株式・投信等投資比率

 

そしてこの家計金融資産の構成比の違いが以下のような過去20年間の日米英各国の家計金融資産の伸びに大きく影響を与えたと考えられます。

 

過去20年間における日米英各国の家計金融資産の推移(1995〜2015年)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-13-13-48

出典:金融庁「平成27事務年度 金融レポート」p.46 図表Ⅱ-2-⑴-6 各国の家計金融資産の推移

 

上図をご覧いただくと日本の家計金融資産が米国や英国に比べていかに伸びていないかがはっきりとお分かりいただけるでしょう。

そこで本レポートでは「貯蓄から資産形成へ」の方法論として長期・積立・分散投資を推奨しています。

ここでは以下のように過去20年間の実績データに基づいて国内・先進国・新興国の株式・債券に1/6ずつ定額積立投資した場合、国内の株式・債券に半分ずつ定額積立投資した場合、定期預金を毎年定額積み立てた場合でシミュレーションしています。

 

過去20年間における長期・積立・分散投資の効果シミュレーション(1995〜2015年)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-16-19-27

出典:金融庁「平成27事務年度 金融レポート」p.53 図表Ⅱ-2-⑴-20 長期・積立・分散投資の効果

 

結果は上記のように国内・先進国・新興国の株式・債券に1/6ずつ定額積立投資した場合が毎年のブレ幅はあるものの相対的に最も高い収益率(年平均4.0%)となります。

こうしたグラフは開始時点や期間に応じて結果が異なる可能性がある点には十分留意する必要があります。

ただ、日本は現在、そして将来にわたって高齢化が進行していく中で、公的年金等にも自ずと制約がありますし、また少なからず政府や日銀は目下デフレ脱却に向けて経済政策を運営しています。

こうした日本の経済情勢を踏まえて考えれば、早期から長期・積立・分散投資を主軸として自助努力による資産づくり、資産形成をしていくことが重要といえるでしょう。

そう考えていくと金融庁の提唱する「貯蓄から資産形成」は我々国民一人が取り組む必要があり、掛け声倒れに終わらせてしまうべきではないといえるかと思います。

とはいえ、20〜40代の皆さんの中には「貯蓄から資産形成へ」と言われてもそもそも貯蓄や投資に回す資金がないという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ここからは主に20〜40代の資産形成初心者の皆さんを対象とした貯蓄したくてもできない状態を脱し着実に資産形成する方法をお伝えする「資産形成セミナー(東京/無料)」、そしてさらにもう1つ、貯蓄と投資のバランスを最適化して効率的に資産形成する方法をお伝えする「投資入門セミナー(東京/無料)」をご紹介致します。

 

貯蓄をしたくてもできていない状態を脱するために!
学んですぐ実践できる初心者向け講座「資産形成セミナー(東京/無料)

13340492_1034702476584497_1780371240_o

撮影日:2016年6月4日 ※ 事前に受講者の皆様の許諾を得て掲載しております。

 

ここからは貯蓄をしたくてもできない状態を脱したいという方におすすめの当サイト「資産形成.com」を運営するリンクス株式会社が提供する「資産形成セミナー(東京/無料)をご紹介致します。

 

資産形成セミナー(東京/無料)はこんな方におすすめ!

以下のどれか1つでも当てはまる方はぜひご受講ください。

 

「簡単に貯金できる方法を学びたい」という方

「お金や経済の知識を身につけたい」という方

「クレジットカードの有効な使い方を知りたい」という方

「保険の見直しを検討している」という方

「貯金0円から金融資産1000万円を実現したい」という方

 

資産形成セミナー(東京/無料) 講座内容

スクリーンショット 2016-05-13 13.50.02

 

第1部 お金にまつわる経済の基礎知識〜知識編〜

第1部では、金利とは何かといったところから銀行預金でお金を貯めるとはどういうことか、なぜ銀行預金でお金を貯めるのでは不十分かについてお伝えしていきます。

〜休憩〜

第2部 本物の資産形成〜実践編〜

第2部では、巷間よく使われている「資産運用」と「資産形成」はどこがどう違うのか、そして日本の現状を踏まえた”本物の資産形成”とはどういったものかについて説明していきます。

〜質疑応答・アンケート記入〜

 

資産形成セミナー(東京/無料) 受講者の声

ここでは直近までに開催した資産形成セミナー(東京/無料)の受講者の皆様のご感想の一部をご紹介致します。

 

「おもしろかったです!すごくわかりやすかったです!!もっと色んな話を聞きたいです!楽しかったです!!」(20代女性)

「資産形成についての知識がほとんどなかったので、自分がどのくらいもったいないことをしていたかしることができました」(20代男性)

「ワークを取り入れることで具体的にイメージすることが出来た。具体例が身近だったので勉強になりました」(30代女性)

「基本的な内容でとても有益だった。豊富な情報が組み込まれていて勉強になり、更に勉強したいと思うようになりました」(30代男性)

「クレジットカードの有効利用と保険の裏話がとても参考になりました。」(40代男性)

「新たな取り組みでなく、今あるものをかしこく使う、変更することがあることを教えてくださったのが大変タメになりました。」(40代女性)

 

資産形成セミナー(東京/無料) 講師紹介

IMG_6731

L!NX(リンクス)株式会社 代表取締役社長

臼倉 孝純(うすくら たかずみ)(プロフィール

「皆さんが夢を実現したり、目標を達成するためには、お金がすべてではありませんが、少なからず何らかの形で関わってきます。皆さんそれぞれの可能性を広げるためにも、一緒にお金について学んでいきましょう!」

※ 講師は急遽変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。講師陣についてはこちら

 

資産形成セミナー(東京/無料) 開催会場のご案内

スクリーンショット 2015-06-01 10.35.51

L!NX(リンクス)本社セミナールーム

東京都千代田区岩本町3−3−3秋葉原サザンビル(旧ビル名:神田パークビル)10階(地図

アクセス:都営新宿線・岩本町駅 徒歩4分、JR各線・秋葉原駅 徒歩7分、東京メトロ日比谷線・秋葉原駅 徒歩7分

 

資産形成セミナー(東京/無料) 今後の開催日程のご案内

13351248_1034702443251167_1445951130_o

撮影日:2016年6月4日 ※ 事前に受講者の皆様の許諾を得て掲載しております。

 

資産形成セミナー(東京/無料)開催日程はこちらでご確認ください。

 

※ セミナー受講申し込みは先着順です。満席となり次第受付終了とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

 

セミナー受講申し込みはこちら

 

「貯蓄と投資」のバランスを最適化して効率的に資産形成する!
資産形成のための「投資入門セミナー(東京/無料)」とは?

ここからはとくに20〜40代の資産形成をしたいという方に向けて、「貯蓄と投資」のバランスを最適化して効率的に資産形成するために、当サイト「資産形成.com」を運営するリンクス株式会社が編み出した「投資入門(東京/無料)」をご紹介していきます。

 

投資入門セミナー(東京/無料)はこんな方におすすめ!

以下のどれか1つでも当てはまる方はぜひご受講ください。

 

「堅実な投資の方法を学びたい」という方

「NISAや確定拠出年金(401k、DC)に興味がある」という方

「投資で損をしたことがある」という方

「貯金0円から金融資産1000万円を実現するためのテクニックを身につけたい」という方

 

投資入門セミナー(東京/無料) 講座内容

スクリーンショット 2016-05-12 14.53.04

 

第1部 なぜ現在(いま)投資が必要か

第1部では、”何もしないリスク”に着眼を置いて「なぜ現在(いま)投資が必要か」についてお伝えしていきます。

〜休憩〜

第2部 資産形成をする上で有効な投資とは

第2部では、巷間よく使われている「資産運用」と「資産形成」の違いについてお話した上で、「資産形成をする上で有効な投資」を余すところなくご説明します。

〜質疑応答・アンケート記入〜

 

投資入門セミナー(東京/無料) 受講者の声

ここでは直近までに開催した投資入門セミナー(東京/無料)の受講者の皆様のご感想の一部をご紹介致します。

 

「株価が下がった時の心理の話が参考になりました。」(20代男性)

「たとえがわかりやすくて何もわからない所から理解しやすかったです。」(20代女性)

「なぜ投資が必要なのかよくわかりました!会社の後輩にも話してみようと思います。」(30代男性)

「株購入のシミュレーションワークを通じて心理と仕組みと実感を持って学べたのが参考になりました」(30代女性)

「証券会社の裏話が面白かったです!」(40代男性)

「どれもとても分かりやすく投資意欲が湧いてきました!」(40代女性)

 

投資入門セミナー(東京/無料) 講師紹介

IMG_6731

L!NX(リンクス)株式会社 代表取締役社長

臼倉 孝純(うすくら たかずみ)(プロフィール

「皆さんが夢を実現したり、目標を達成するためには、お金がすべてではありませんが、少なからず何らかの形で関わってきます。皆さんそれぞれの可能性を広げるためにも、一緒にお金について学んでいきましょう!」

※ 講師は急遽変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。講師陣についてはこちら

 

投資入門セミナー(東京/無料) 開催会場のご案内

スクリーンショット 2015-06-01 10.35.51

L!NX(リンクス)本社セミナールーム

東京都千代田区岩本町3−3−3秋葉原サザンビル(旧ビル名:神田パークビル)10階(地図

アクセス:都営新宿線・岩本町駅 徒歩4分、JR各線・秋葉原駅 徒歩7分、東京メトロ日比谷線・秋葉原駅 徒歩7分

 

投資入門セミナー(東京/無料) 今後の開催日程のご案内

13340508_1034603506594394_936420528_o

撮影日:2016年6月4日 ※ 事前に受講者の皆様の許諾を得て掲載しております。

 

投資入門セミナー(東京/無料)開催日程はこちらでご確認ください。

※ セミナー受講申し込みは先着順です。満席となり次第受付終了とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

 

セミナー受講申し込みはこちら

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はコチラ

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはコチラ

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回3,000円)とさせていただいております。

※ セミナー受講後の個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!