資産運用

資産運用初心者「貯蓄100万円から資産1億円にしたい!」

2017年3月16日

1,293views

, , , , , ,

 

 

前回(資産形成から資産運用へ〜初心者におすすめの目安〜)はライフワークとしての資産形成と資産運用の一連の流れをお伝えしました。ただ「まだイメージしづらい」という方もいらっしゃるかもしれません。そこでここからはある初心者の方からいただいた実際の相談を基に老後資金のための資産形成と資産運用について具体的に見ていきましょう。

 

相談に訪れた資産運用初心者(30歳男性)の相談内容について考える!

ある日、弊社主催のセミナー(※1)を受講した後に「後日個別に相談したいことがあります。」とおっしゃっていた30歳男性の方がご来社されました。

※1 今年こそ資産形成を始めようと考えているあなたへを参照のこと。

彼が”個別に相談したい”とおっしゃっていた相談内容はこうです。

「先日のセミナーをお聞きしただけでなく、資産形成.comをはじめ色々なサイトや本などで自分なりに調べたりしましたが、やはり老後資金を今のうちから地道に準備しておくことが大事だと思いました。現在は収入の一部をコツコツ貯めた100万円を銀行の普通預金に置いています。どうせならお金に不自由することのない老後生活を送りたいので、会社を定年になる60歳までに1億円の資産をつくりたいと考えています。どのようにしていったらいいでしょうか?」

このように彼は前々回(※2)にお話した初心者の方が事前に準備しておくべき資産形成、資産運用の目的や目標を既に具体的にお持ちでした。

※2 初心者が資産運用を始める際に必要なたった一つのことを参照のこと。

そこでもう少し詳しく現在の状況を知りたいとお伝えしてヒアリングした内容が以下のとおりです。

 

相談内容:「老後資金として60歳までに1億円の資産をつくるには?」

 

上図にあるように職業は会社員、家族構成は独身の一人暮らし。

1年間の収支は年収が額面400万円、税金や社会保険料等を差し引くと手取りで300万円の一方、年支出は家賃等すべて込みで200万円。

また資産状況は資産が銀行の普通預金に100万円ある一方、借入金などの負債はないとのことでした。

ここで注目したいのは1年間の収支が100万円の黒字(=手取り年収入300万円-年支出200万円)である点です。

これが継続できる前提で考えれば、既に保有している銀行の普通預金100万円と併せて60歳までの30年間に3000万円(=資産100万円+100万円/年×29年)を貯蓄することができます。

ただ、あくまでも目標は1億円ですから、これでは7000万円の不足(=3000万円-1億円)となってしまいます。

そこでこの年100万円ずつを銀行の普通預金に寝かせておくのではなく、毎年、株式や債券、投資信託といった金融商品に定額積立投資して、この不足分の7000万円をリスクを取ることによって得られる可能性のある資産の値上がり益、配当や利子収入で賄うことを考えます。

それでは年何%の運用利回りがあれば目標を達成することができるでしょうか?

ここでは複利(※3)で年2%、年4%、年6%、年8%、年10%、各々の運用利回りで試算してみました。

※3 金利と利子、単利と複利。これを読めば自分で計算できる!を参照のこと。

なお計算をわかりやすくするために手数料や税金といった実際の取引で掛かるコストは考慮していませんのでこの点は注意が必要です。

 

目標達成のための必要運用利回り:毎年定額積立投資の場合(1)

 

目標達成のための必要運用利回り:毎年定額積立投資の場合(2)

 

上図のように毎年定額積立投資を30年間に渡って行った場合を試算すると、運用利回りが年2%で4138万円、年4%で5833万円、年6%で8380万円、年8%で1億2235万円、年10%で1億8094万円という結果になります。

つまりこの試算結果から年8%以上の運用利回りを得られれば目標を達成することができるのが分かります。

さてそれでは年8%以上の運用利回りを目指すには・・・とここまでお話したところで相談者の彼から待ったが掛かりました。

 

「もっと堅実な運用利回りで資産形成するおすすめの方法はありませんか?」

彼のおっしゃられたことはこうです。

「ここまでのお話はよく分かりました。ただ、年8%以上の運用利回りを目指すというのはとてもリスクが高くて怖いように思えてなりません。あくまでも私の勝手なイメージですが。もう少し堅実な運用利回りで目標の1億円に到達することはできませんか?」

年8%以上の運用利回りを目指すというのは決して非現実的なものではないですが、黒字額を収入増と節約による支出減などで1年間の収支の黒字額を徐々に膨らませることができる前提であれば、以下のような方法も考えられます。

それは先ほどのように毎年100万円ずつ定額積立投資するのではなく、当初100万円、以降毎年+10万円ずつ投資額を増やしていく逓増額積立投資です。

要するに毎年の投資額を1年目100万円、2年目110万円、3年目120万円、・・・、30年目390万円と増やしていくというわけです。

この場合、60歳までの30年間に7350万円(=100万円+110万円+120万円+・・・+390万円)を貯蓄することができます。

そうすると目標の1億円までは2650万円の不足(=7350万円-1億円)となり、この不足分をリスクを取ることによって得られる可能性のある資産の値上がり益、配当や利子収入で賄えば良いことになります。

それではこの場合、年何%の運用利回りがあれば目標達成となるでしょうか?

先ほどと同様に複利で年2%、年4%、年6%、年8%、年10%、各々の運用利回りで試算してみました。

なおここでも計算をわかりやすくするために手数料や税金といった実際の取引で掛かるコストは考慮していませんのでご注意ください。

 

目標達成のための必要運用利回り:毎年逓増額積立投資の場合(1)

 

目標達成のための必要運用利回り:毎年逓増額積立投資の場合(2)

 

上図のように逓増額積立投資を30年間に渡って行った場合を試算すると、運用利回りが年2%で9528万円、年4%で1億2615万円、年6%で1億7047万円、年8%で2億3478万円、年10%で3億2889万円という結果になります。

つまりこの試算結果から年4%以上の運用利回りを得られれば目標を達成することができるのが分かります。

これであれば先ほどのちょうど半分で目標に到達しますから、だいぶ気が楽になったのではないでしょうか?

ただ、投資額を毎年10万円ずつ増やしていくというのはそう簡単なものではありません。

何せ30代で年100万円台であった投資額が40代で年200万円台、50代にいたっては年300万円に上るわけですから。

そこで主軸に据えるのは毎年の投資額を100万円ずつとする定額積立投資で運用利回り年8%以上を目指しつつ、無理のない範囲で投資額を徐々に増やしていってはどうかとお伝えしました。

上図の表を1行ずつ追っていただければお分かりいただけるかと思いますが、投資年数が早い投資資金は当然運用可能年数が長くなりますので、その分複利効果を得られやすいことになります。

また、資産形成を始めた初期の段階であれば、累積での投資金額がまだ少額で残りの運用可能年数が十分に長いため、高い利回りを狙ってリスクを高めに取ったことが仮に裏目に出て運用損が発生することがあっても挽回を図りやすいといえます。

これとは逆に50歳を過ぎて累積の投資金額が大きくなりかつ残りの運用可能年数が10年を切った段階で積極的にリスクを取りに行って運用損を抱えてしまった場合のことを考えれば、そこからの挽回は非常に難しくなるというのは容易に想像できるでしょう。

ここまでお話したところで相談者の彼から「大枠の取り組み方は納得のいくもので理解できました。ご提示いただいた通りに実践してみようと思います。」との言葉をいただきました。

その上で「それでは年8%以上の運用利回りを目指すには具体的にどのようにすれば良いのでしょうか?」と続けられました。

この先はまた次回お話していきましょう。

 

次の記事:資産運用で投資する金融商品の種類は何がベストか?

まとめ記事に戻る:【おすすめ】ライフワークとしての資産形成と資産運用

 

<資産形成についてプロに直接学びたい方へ>

20〜40代におすすめ!2017年これから始める資産形成

<資産運用についてプロに直接学びたい方へ>

【資産運用】2017年、初心者におすすめの無料セミナー

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はこちら

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはこちら

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回5,000円)とさせていただいております。

※ 個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!