資産形成

【資産形成】今すぐ貯蓄できないをなくすシンプルな方法

2017年7月9日

426views

, , , , ,

 

 

資産形成の第一歩は毎月の収入から支出を差し引いた金額を地道にコツコツと貯蓄していくことです。これはとくに20代や30代、40代といった若年層、資産形成層と呼ばれる世代の方にとって重要ですが、実践できないという方も少なくありません。そこで今回は今すぐ貯蓄を実践できるようにするおすすめの簡便な方法についてご紹介します。

 

資産形成の第一歩「貯蓄」を簡単にする方法は発想の転換にあり!

資産形成の第一歩である貯蓄をしていくにあたって王道といえる方法は収入を増やす、支出を減らすの2つです。

収入を増やすには現在お勤めの会社での昇給や転職による年収アップ、副業、起業など様々考えられますが、なかなか思い通りにならないという方が多いでしょう。

そうすると貯蓄をするためにもう一方の支出を減らす、つまり節約を検討することになります。

ただ、支出を切り詰める節約を自然と楽しみながら実践できるという方は既に行っているでしょうし、これを持続させることができれば貯蓄できていることになりますから、何ら問題はないはずですよね。

貯蓄したいけれど節約ができない、続かないからこそ困っているという方が大半でしょう。

そこで貯蓄を今すぐできるようにするために必要になるのが発想の転換です。

 

資産形成の第一歩「貯蓄」を今すぐできるようにするための発想の転換!

 

貯蓄できない方は上図の上部にあるように「収入ー支出=貯蓄」として貯蓄額を収入額から支出額を差し引いた余った金額と捉えている場合がほとんどです。

しかし、この考え方では「余らなければ貯蓄できなくても仕方がない」と思ってしまいがちです。

これを上図の下部にあるように発想を転換して「収入ー貯蓄=支出」と考えてみたらどうでしょう。

この考え方では収入額の範囲内で予め貯蓄額を決めてしまうわけですから、余った分を支出額として捉えることになります。

このように発想の転換をするだけで、自然と節約せざるを得ない状態に家計を置いてしまったほうが、長期間にわたって持続的に貯蓄することができます。

仮にそれでも「自分の意志はとても弱いので、預金口座などに残高があると初志貫徹できずに使ってしまうかも・・・」と考える方は給与天引きによって半強制的に貯蓄してしまうのがおすすめです。

この代表的なものとして社内預金や財形貯蓄があります。

また、資産形成の次のステップである積立投資を含めて考えれば、確定拠出年金やNISAを利用するというのも良いでしょう。

資産形成は長期間に渡るもので持続することが何よりも重要ですから、できるだけご自身にストレスをかけずに実践できるよう工夫するのが長続きのコツです。

「貯蓄がなかなかできずに困っている」という方は今回ご紹介した発想の転換をまず行った上で、ご自身に合った貯蓄方法をぜひ見出し実践してみてください。

 

次の記事:「資産形成=投資」と考えてはいけない理由

まとめ記事に戻る:貯蓄から資産形成へ〜20〜40代向け貯蓄と投資の実践〜

 

<こちらもおすすめ!>

【おすすめ】ライフワークとしての資産形成と資産運用

 

 

セミナー情報

11125590_1642562029306574_815304011_n

 

L!NX(リンクス)はみなさんの資産形成にお役に立てるため、定期的に無料のセミナー開催を行っております。

セミナー詳細はこちら

 

個別相談のお申し込み

DSC_3707

 

全員が大手金融機関出身!

選りすぐりのL!NX(リンクス)講師陣に個別にご相談されたい方は下記よりご連絡ください。

個別相談のお申し込みはこちら

 

現在、セミナーは無料、個別相談は有料(1回5,000円)とさせていただいております。

※ 個別相談は初回に限り無料です。

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。


 

資産形成.com の最新情報をチェック!