資産形成

資産形成の必要性を自助・共助・公助から考える

 

 

これを考えていくにあたってまず自助・共助・公助についてご説明します。

これは災害への備えについての考え方で、自助=一人ひとりが自ら取り組むこと、共助=地域や身近にいる人どうしが一緒に取り組むこと、公助=国や地方公共団体が取り組むこととされています。

字義通り解釈すると自助とは”自分の力で自分自身を助けること”、共助とは”共に助け合うこと”、そして公助とは”公に助けてもらうこと”といえます。

そしてこの自助・共助・公助のバランスが非常に大切です。

 

スクリーンショット 2015-02-03 16.13.38

 

ここで災害への備えが資産形成とどう関係するの?と思われたかもしれません。

これを理解するためには資産形成の定義を振り返ってみましょう。

資産形成とは「将来の自分と家族を養っていく資産を形成(つくる)こと」でしたね。

ここで先ほどの災害への備えの”災害”を”将来のためのお金”と置き換えてみてください。

そう、資産形成とはつまり”将来のためのお金への備え”ということができます。

ここからは資産形成を自助・共助・公助から考えていきます。

ざっくりと分けてしまえば自助と共助は少なからず自分自身が能動的に動く必要性のあるもの、その一方で公助は受け身で済むものといえます。

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第83回 01月13日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第84回 01月27日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第76回 01月13日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第77回 01月27日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!