金融経済

なぜ景気は循環するのか?景気循環の種類

 

 

なぜ景気循環は起こるのでしょうか?

そのメカニズムをお話していきます。

好景気のサイクルが繰り返されていく中でモノやサービスが売れすぎる状態になると、モノやサービス全体の価格が上昇していきます。

これは需要>供給によるインフレ(物価上昇)になるということです。

するとやがてインフレが行きすぎた状態となり、モノやサービスが徐々に売れなくなっていって、それが企業の利益減、企業の生産減、家計の所得減、雇用減、そして需要減へと繋がっていくのです。

もうおわかりかと思いますが、これが好景気から不景気への転換がなされる過程になります。

逆に不景気のサイクルが繰り返されていく中でモノやサービスが売れなくなっている状態にあるとモノやサービス全体の価格は下降していきます。

これは需要<供給によるデフレ(物価下降)になるということですね。

するとやがてデフレが行きすぎた状態となると、十分な安価でモノやサービスが購入できるようになるので、モノやサービスが売れるようになって、それが企業の利益増、企業の生産増、家計の所得増、雇用増、そして需要増へと繋がっていきます。

これが不景気から好景気への転換がなされる過程になります。

ただこれは理論上の話であって現実の経済ではここまで理路整然とした経路で景気循環がなされるわけではないということは注意が必要です。

たとえば昨今までデフレが続いていましたが、今般のアベノミクスといわれる一連の経済政策が行われるまでは、長らくデフレが続く中で自然な景気循環のメカニズムで転換点を迎え好景気へと移り変わることはなかったのは記憶に新しいところでしょう。

ここからは少々とっつきづらいかもしれませんので少しややこしいなと感じたら一旦飛ばしてしまっても構いませんが、景気循環にはいくつかの特徴的なパターンがあるというお話です。
このパターンは4つの種類があり、以下のようになります。

 

1. キチンの波(キチン循環)

約40カ月の周期を持つ景気循環。

企業の在庫投資が起因すると考えられている。

米国の経済学者キチンによって明らかにされた。

 

2. ジュグラーの波(ジュグラー循環)

約10年の周期を持つ景気循環。

企業の設備投資が起因すると考えられている。

仏国の経済学者ジュグラーによって明らかにされた。

 

3. クズネッツの波(クズネッツ循環)

約20年の周期を持つ景気循環。

建築物の需要が起因すると考えられている。

米国の経済学者(ノーベル経済学賞受賞者)クズネッツによって明らかにされた。

 

4. コンドラチェフの波(コンドラチェフ循環)

約50年の周期を持つ景気循環。

技術革新が起因すると考えられている。

ソ連の経済学者コンドラチェフによって明らかにされた。

 

上から順に景気循環の周期が短期から長期に流れている形式になります。

それぞれ起因しているものを細かく見ていくのは別の機会に譲りますので、ここでは長短あれども景気循環は実際に起こり続けているということだけ覚えていただければ結構です。

現実の経済、景気というものも諸行無常(あらゆるものは生じ、そして滅するという理(ことわり))ということなのでしょう。

 

<こちらもおすすめ!>

【おすすめ】ライフワークとしての資産形成と資産運用

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第80回 11月11日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第81回 11月25日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第82回 12月09日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第73回 11月11日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第74回 11月25日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第75回 12月09日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!