資産形成

資産形成に役立つクレジットカード

 

 

みなさん、今お財布を開いたら少なくとも1枚はクレジットカードが入っているのではないでしょうか。

クレジットカードを良くお使いになる方も、あまりお使いにならない方にもご参考いただけるクレジットカードのお話をしたいと思います。

クレジットカードを使って商品やサービスを購入すると、翌月か翌々月に銀行口座からお金が引き落としになりますよね。

複数回払いやリボ払いにしない限り、購入した時に請求された金額がそのまま引き落としになります。

これを言い換えると「1ヶ月間〜1ヶ月間強、無利子でお金を借りられると同じ」と表現することもできます。

そういった意味では、クレジットカードには金融商品(もしくは金融サービス)としての側面が強くあります。

クレジットカードを利用して商品を購入すれば、当たり前ですが「ポイント」を貯めることができます。

「お店で現金でカバンを購入する」や「口座引き落としで水道光熱費を支払う」では、ただ単に手元からお金が出ていくだけですが、クレジットカードを使用すればポイントを貯めることができるのです。

これを少し難しい言い方をすると、「フロー」として出ていってしまうお金に「ストック」される部分を作り出せるということになります。

ストックされるポイントの効果がどの程度のものなのかというと、使用した金額に対して1%程度相当額の効果です。

つまり、クレジットカードを使用して100万円分の買い物をすれば、1万円程度の商品券や割引券等と交換することができるということです。『たいしたことないじゃん』と思った方、もう少しだけ読んでくださいね。

2015年3月現在の銀行の普通預金金利は平均で年率0.02%前後です。

単利と複利の違いはありますが、1年間に限定しての100万円がもたらす「効用」つまり「用いた」時の「効果」を比べてみましょう。

100万円を0.02%の銀行預金に預けた場合、1年後に得られる効用は「200円」です。

これに対して、100万円分の買い物をクレジットカードでした場合は「1万円分」の商品券等が手に入ります。

単純に比べてしまえば同じ100万円がもたらす効用は50倍もの違いがあるのです。

これは言い換えれば1万円分の金利を銀行預金の普通預金金利で得ようと思ったら実に5000万円もの元本が必要となるわけですから、雲泥の差があることが実感できるでしょう。

何もクレジットカードを利用してバンバン買い物をしようと言いたいのではありません。

ただ、どのみち生活していく上で使わなければならないお金なのであれば、使い方を工夫するだけで物凄い効果を手にすることができると言いたいのです。

クレジットカードは資産形成に役立ちますから、使いすぎはダメですが全く使わないのも損と言えます。

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第80回 11月11日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第81回 11月25日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第82回 12月09日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第73回 11月11日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第74回 11月25日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第75回 12月09日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!