資産形成

会社員の方におすすめ!10分でわかる財形貯蓄制度【まとめ】

 

 

財形貯蓄の全体像、一般財形貯蓄・財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄という財形貯蓄の”三本の矢”について各々の特徴、メリットやデメリットについてまとめました。制度としては会社員の方等に限定されるものではありますが、該当される方にとって利率や税金(非課税措置)の優位性を享受できる使いどころのある制度ですので、しっかり学んでいただければと思います。全5回、10分程度でひと通りお読みいただける内容ですので、お時間ある時にぜひ確認してみてくださいね。

 

会社員の方必見!知らないうちにお金が貯まる「財形貯蓄制度」

みなさんは結婚や出産、子育て(教育)、マイホーム(住宅)購入、老後の生活など、いざという時や将来への備えとして、たとえば月々◯万円を貯蓄する等の対策をしていらっしゃるでしょうか?「わかってはいるんだけど、なかなかできなくて・・・」という方も多いのではないですか?そこで今回からは、会社員の方に限定されてしまうのですが、「将来のためとわかってはいるけど、なかなか貯蓄できない」という方のための公的制度についてご紹介していきましょう。

① 給与から天引き 自動的に貯蓄できる制度

② 財形貯蓄とは

会社員の方必見!知らないうちにお金が貯まる「財形貯蓄制度」

 

ざっくりこのしくみだけは押さえよう!財形貯蓄の”三本の矢”

「財形貯蓄とはそもそも何か」についてきちんと理解した上で、次に押さえておいていただきたいのは「財形貯蓄のしくみ」についてです。このしくみを知るためには、財形貯蓄には大別すると”三本の矢”、3つの種類があることを押さえなければなりません。今回はこれらについてざっくりと押さえてしまいましょう。

① 財形貯蓄の”三本の矢”とは

② 「貯蓄型」と「保険型」

③ 利子等に対する非課税措置

ざっくりこのしくみだけは押さえよう!財形貯蓄の”三本の矢”

 

これでスッキリ!一般財形貯蓄のメリットとデメリット

財形貯蓄制度の中でも一般財形貯蓄は最もよく知られている制度です。ただ、知っていてかつ既に加入されているという会社員の方たちは非常に多いですが、そのほとんどの方が「会社に入って勧められたので何となく入っている」という状態ではないでしょうか?そこで今回はこの一般財形貯蓄に焦点を当てて、その特徴、メリットとデメリットについてお話していきます。

① 一般財形貯蓄の特徴

② 一般財形貯蓄のメリット

③ 一般財形貯蓄のデメリット

これでスッキリ!一般財形貯蓄のメリットとデメリット

 

20代、30代から備えよう!老後の生活資金【財形年金貯蓄のメリットとデメリット】

今回は20代や30代の方から備えておきたい老後の生活資金のための「財形年金貯蓄」についてお話していきます。20代や30代のみなさんの中には「老後なんてまだまだ先の話だしそこまで考えれないよ・・・」という方も少なくないかもしれません。ただ、いまや漫然として退職金や公的年金をアテにできる時代が終わってしまったといっても言い過ぎではないでしょう。そこで老後の生活資金を備えるための方法をいくつか知って、その中からご自分に合った方法でできるだけ早いうちから備えておくのが必要不可欠です。今回はその方法の一つとして「財形年金貯蓄」についてお伝えしていくというわけです。それでは「財形年金貯蓄」の特徴、メリットとデメリットについて説明していきましょう。

① 財形年金貯蓄の特徴

② 財形年金貯蓄のメリット

③ 財形貯蓄年金のデメリット

④ まとめ

20代、30代から備えよう!老後の生活資金【財形年金貯蓄のメリットとデメリット】

 

後悔しないためのマイホーム(住宅)購入資金計画【財形住宅貯蓄のメリットとデメリット】

結婚を機にとか、お子さんができたのでとか、何らかのライフイベントを契機にマイホーム(住宅)の購入を計画されている方も少なくないかと思います。ただマイホーム(住宅)購入そのものが大きな資金を必要とする一大ライフイベントであって、購入してしまってから「やっぱり止めておけばよかったかも・・・」と後悔はしたくないもの。住宅選びのポイントは別の機会に譲るとして、ここからはマイホーム(住宅)購入の元手となる資金の計画についてお話していきましょう。マイホーム(住宅)購入の資金というと、多くの方の頭にすぐ思い浮かぶのは住宅ローンではないでしょうか?もちろん住宅ローンを賢く利用するというのは一つの手ですが、仮に住宅ローンを組むにしても頭金や諸費用は現金払いしなければならない場合が多いですから、そのための貯蓄をそもそもどうするかという問題は残ります。そこで、一つの手として考えられるのが、会社員の方等に対象は限られますが、「財形住宅貯蓄」を利用することです。今回はこの「財形住宅貯蓄」の特徴、メリットとデメリットについてお伝えします。

① 財形住宅貯蓄の特徴

② 財形住宅貯蓄のメリット

③ 財形住宅貯蓄のデメリット

④ まとめ

後悔しないためのマイホーム(住宅)購入資金計画【財形住宅貯蓄のメリットとデメリット】

 

*目次

【第1回】会社員の方必見!知らないうちにお金が貯まる「財形貯蓄制度」

【第2回】ざっくりこのしくみだけは押さえよう!財形貯蓄の”三本の矢”

【第3回】これでスッキリ!一般財形貯蓄のメリットとデメリット

【第4回】20代、30代から備えよう!老後の生活資金【財形年金貯蓄のメリットとデメリット】

【第5回】後悔しないためのマイホーム(住宅)購入資金計画【財形住宅貯蓄のメリットとデメリット】

 

<こちらもおすすめ!>

【おすすめ】ライフワークとしての資産形成と資産運用

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第80回 11月11日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第81回 11月25日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第82回 12月09日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第73回 11月11日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第74回 11月25日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第75回 12月09日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!