資産形成

意外と知られていない!?結婚生活で貯金するのに本当に必要なこと

 

 

結婚をするとライフプランがある程度見えてきます。

たとえば、「マイホーム(住宅)購入」「子育て(教育)」「老後の生活」は結婚後にどのご家庭にも関わってくるお金にまつわる人生の重要な3大イベントです。

マイホーム(住宅)をいつ購入するのか、お子さんをいつ授かるのかは、ご夫婦二人で話し合いながらお二人のライフスタイルに合わせて決めていくでしょうし、老後の生活についてもお二人の年齢を考慮すれば、セカンドライフに向けた準備をいつ頃までにすれば良いかが見えてくるでしょう。

こう聞いてしまうと、「それぞれの目的(住宅購入、教育、老後の生活)に合わせた貯金が必要なのだろうな」と考えてしまいがちです。

これが大いなる誤解です。

実際に「しっかりとしたライフプランを設計し、それぞれの目的に合わせた貯金が必要です」なんて言っているFP(ファイナンシャルプランナー)がいることも事実です。

もちろん目的に合わせた貯金が必要ないわけではありません。

しかし、みなさんの人生って現時点でそんなにはっきりと具体的に決まっているものでしょうか?

たとえば、ライフプランと称して「40歳でマイホームを買う!」という目標を現時点で決めたとしても、40歳になる前に「このマンションに絶対住みたい!」と思えるような素晴らしいマンションに出逢うかもしれませんよね。

逆に「40歳になったけど、希望に合う魅力的な土地が見つからないからもう少し戸建てのマイホームは後にしよう」ということもあるかもしれません。

「子どもは2人」という予定であったのに、2番目のお子さんが双子で「いきなり子どもを3人抱えることになった」ということにもなるかもしれません。

冒頭でもお伝えしましたように、結婚をすればその先の人生が「ある程度」は見えてくる部分があると思いますが、10年後、20年後といった先々のことまで現時点で決めた計画(ライフプラン)とおりにいくなんてほとんどないでしょう。

だからこそ、「目的に合わせた貯金」というのは最初から無理のある話といえるのです。

ここで結婚生活において貯金していくに際して本当に必要なことについてお話しましょう。

それは「人生でどんなことが起きても柔軟に対応できる貯金のプランを立てること」です。

みなさんの中には結婚生活で貯金をしていくに際して「FPに相談してみようかな」という方もいらっしゃるかもしれません。

その際、たとえば私たちL!NX(リンクス)は、みなさんの思い描くライフプランの下、「この後のご夫婦二人の結婚生活でどのようなことが起きても対応できる貯蓄プラン」に重きを置いて、日々「資産形成コンサルティング」をお届けしています。

これが結婚後のお二人の生活、ひいては人生そのものを考える上で、非常に心強いものになります。

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第80回 11月11日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第81回 11月25日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

第82回 12月09日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第73回 11月11日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第74回 11月25日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

第75回 12月09日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!