資産形成

固定、変動どっちも!?「固定金利期間選択型」住宅ローンとは?

 

 

「固定金利期間選択型」住宅ローンとは?

冒頭でお伝えしたとおり、「固定金利期間選択型」住宅ローンは、「固定金利型」と「変動金利型」をミックスしたものです。

具体的には、当初から一定期間は固定金利、一定期間経過後は変動金利になります。

この二段階目の金利は、一定期間経過後の時点の金利になります。

また、一定期間経過後、再度固定金利を選択できるものも多いです。

金利が当初固定金利となる期間は、2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年、25年、etc.があります。

一般的には、この期間が短ければ短いほど、金利が低くなっています。

 

ミックスは有利!?「固定金利期間選択型」住宅ローンのメリット

「固定金利期間選択型」住宅ローンのメリットは以下の2つが考えられます。

一つには、当初の固定金利が低いので、その期間の支払いが他の住宅ローンと比較して安く抑えられる傾向にあります。

もう一つには、一定期間経過後に固定金利か変動金利かを選択できるため、現在の金利が今後どうなるかを想定しづらい局面では、返済途中で見直す機会をつくることができます。

これによって、一定期間経過後の時点で現在よりも金利が下がっており、それが継続されることが見込まれる場合には、他の金利タイプと比較して有利になるといえるでしょう。

 

どっちつかずの危険も!?「固定金利期間選択型」住宅ローンのデメリット

上記のように固定金利と変動金利がミックスされていることによってメリットを享受できる場合もありますが、以下の2点には注意が必要です。

一つには、一定期間経過後に変動金利を選択した場合、移行後は一般的に上限金利がない点です。

これは、「変動金利型」住宅ローンのデメリットと同じですね。

もう一つには、一定期間経過後に固定金利を選択した場合でも、その時点の金利が上昇していれば、他の金利タイプと比較して不利になってしまう可能性がある点です。

以上のように、固定金利と変動金利がミックスされていることが、むしろどっちつかずの状態を生んでしまう危険性があることを十分考慮する必要があります。

住宅ローンは金利が絡んでいるがゆえに、今後の金利動向はもちろんのこと、ご自身やご家族のライフスタイルやライフプランを考えて、柔軟に対応することが求められます。

金利タイプ一つとっても、それぞれのタイプを十分理解しないまま当初の金利が低い等の見た目の良さに目を奪われてしまっては、ご自身に合っていない選択をしてしまう可能性が大いにあります。

こうした事態は何としても避けなくてはなりませんから、まずは基本的な仕組みや特徴、メリットとデメリットをしっかり押さえていってください!

 

 

\資産形成.comの運営会社L!NXのLINE@はこちら/
友だち追加

 

資産形成講座
目指せ1000万円!初心者でもできる資産形成入門講座(東京/無料)

 

資産形成入門講座の近日開催日程

第98回 09月08日(土)13:30~15:30(13:00開場)受付終了

平日特別企画 09月12日(水)19:00~21:00(18:30開場)

第99回 09月22日(土)13:30~15:30(13:00開場)

資産形成入門講座の詳細・申し込みはこちら

 

資産形成講座
~90分でまるわかり!~《株式・投資信託》投資入門基礎講座(東京/無料)

 

投資入門基礎講座の近日開催日程

第91回 09月08日(土)10:30~12:30(10:00開場)受付終了

平日特別企画 09月19日(木)19:30~21:00(19:00開場)

第92回 09月22日(土)10:30~12:30(10:00開場)

投資入門基礎講座の詳細・申し込みはこちら

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!