資産形成

日本に金融教育が浸透しないのはなぜか?

2015年10月16日

920views

, ,

 

 

「金融リテラシーを身につけましょう」とは近年よく声高に叫ばれているところです。そこで金融庁や銀行、証券会社といった大手金融機関が金融教育に乗り出しています。しかし現状日本で金融教育が国民一人ひとりに浸透しているかといえば心許ないと言わざるを得ません。これはなぜでしょうか?今回は改めて金融教育の必要性について問い直しつつ考えていきましょう。

 

改めて問い直す”金融教育の必要性”

”金融教育の必要性”

これは様々な要因によりその必要性を問うことができるでしょう。

しかしながらここで指摘したいのは唯一点です。

それは「国民一人ひとりが最大幸福を得るためには最低限の金融リテラシーを身につけなければならない」ということです。

ここで個人やその家族にとっての最大幸福とは何かについては各々の人生観や死生観が問われるところですので深入りは避けるべきでしょうが、こと金銭的な側面からいえば思い描いた夢や目標が生まれた時に資金不足等によってその夢や目標を諦めることがないような状態といえます。

また最低限の金融リテラシーについては金融の専門知識を各々が身につけるという以前にその金融の専門知識を身につけた専門家を正しく取捨選別できる段階を指しています。

 

現状、日本で金融教育が浸透していない”本当の理由”とは

これはそもそも金融教育を施す側である金融業界が真剣に取り組んでいないからだと考えます。

では何故真剣に取り組まないのか?

それは一言でいってしまえば金融教育に真剣に取り組んでも大手金融機関にとっては目先の収益に繋がらないからでしょう。

さらにはっきりと指摘してしまうと、大手金融機関にとっては金融教育によってより多くの方に気づきを与えてしまうと目先の収益に対して阻害要因となるというおそれもあるのではないでしょうか。

それでは今後どのような方策を立てるべきでしょうか?

上記から考えれば、既存の大手金融機関が主導して金融教育を広めることはかなり難しいと言わざるを得ません。

それよりは独立中立的な立場を前面に押し出しているIFAやFP会社等がそれぞれ草の根の動きを行い、ときに協働することで広げる方が実現可能性が高いのではないでしょうか。

方法論は様々あるかと思います。

手前味噌ながら本サイト「資産形成.com」も”これからの時代をしなやかに生きていくための経済・金融情報サイト”として皆様の金融リテラシー向上の一助になればという思いから2015年2月よりサービスを開始しました。

これから志を同じくする方たちとともにこの輪を広げ、日本の金融教育の発展に微力ながらも尽くしていければと思っておりますので、ぜひ応援いただければ幸いでございます。

 

<こちらもおすすめ!>

【おすすめ】ライフワークとしての資産形成と資産運用

 

 

資産形成セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第80回 11月11日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第81回 11月25日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)受付終了

第82回 12月09日(土)13時30分〜15時30分(13時00分開場)

資産形成セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

投資入門セミナー情報

 

資産形成セミナーの近日開催日程

第73回 11月11日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第74回 11月25日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)受付終了

第75回 12月09日(土)10時30分〜12時30分(10時00分開場)

投資入門セミナーの詳細・申し込みはこちら

 

 

【ご留意事項】
本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。これらの商品等へのご投資には、各商品毎に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。
商品毎に手数料等及びリスクは異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

 

【個人情報の取扱いについて】
本セミナーは、リンクス株式会社(以下弊社)により運営されており、個人情報は弊社で管理いたします。
取得いたしましたお客様の個人情報は弊社セミナー、商品サービスのご案内など弊社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。

 

リンクス株式会社 (金融商品仲介業者) 関東財務局長(金仲)第752号
所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券  登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

 


 

資産形成.com の最新情報をチェック!